最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2015年11月

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズでは子どものやる気をうまく引き出すのが得意です。

高機能自閉症などの発達障害では、ソーシャルスキルトレーニングが 必要になることがあります。 ソーシャルスキルとは、社会の中で人と関わったり、 集団活動を上手に営むための能力で、[…]

発達障害の子どもには放課後等デイサービスのフランチャイズ で早期の療育が必要です。

ADHDの子どもは、長時間集中力が続かない、 最後まで課題をこなすことができないなどの問題があり、 学習面にも影響が出ることが多くあります。 ADHDが原因で生活面や学習面に支[…]

放課後等デイサービスのフランチャイズでの活動で子どもの脳機能が上がります。

ADHDの症状である多動性、衝動性、不注意という症状は、 脳の前頭葉の働きが弱いために起こるといわれています。 前頭葉は、物事を論理的に考えたり、整理整頓、順序立てて考えるなど[…]

放課後等デイサービスのフランチャイズを始めれば、発達障害児の将来を明るくできます。

アスペルガー症候群は、自閉症の症状のうち 知能と言葉の遅れのないものですが、 人間関係の苦手さや特定のものに強くこだわるという点は 自閉症と共通するところがあります。 また、A[…]

放課後等デイサービスのフランチャイズで発達障害児の支援ができます。

2014年5月かに、日本精神神経学会により、疾患名の変更が行われました。 「注意欠陥多動性障害(ADHD)」を「注意欠如多動症」 アスペルガー症候群は、単独の疾患としての区分が[…]

発達障害児が放課後等デイサービスのフランチャイズに通うことで日常生活のレベルを上げられます。

発達障害とは、多動性障害、学習障害、高機能広汎性発達障害などの総称です。 軽度の発達障害でも、社会生活に支障がないということではないので、 発達障害と診断されたら適切な対応が必[…]

発達障害で困っている人のために放課後等デイサービスのフランチャイズを始めませんか?

発達障害の種類である高機能広汎性発達障害は、 広汎性発達障害の中でも知能の遅れがないもので、 アスペルガー症候群のほとんどと、自閉症の一部が含まれます。 知的レベルはむしろ高い[…]

発達障害には薬よりも放課後等デイサービスのフランチャイズでの療育が役立ちます。

発達障害の一つである学習障害は、知的な遅れはないものの、 聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの能力のうち 特定のものの理解、習得に困難が生じるものです。 これは決し[…]

感覚が過敏すぎる発達障害児も放課後等デイサービスのフランチャイズで助けてあげられます。

広汎性発達障害は、発達障害の中の1つで、 社会性、コミュニケーション能力に障害があり、強いこだわりも見られます。 また、感覚が過敏だったり想像力にも障害があるといわれています。[…]

発達障害の疑いがはっきりする3歳前後から放課後等デイサービスのフランチャイズに通えます。

通常3歳から4歳頃になると、自分の感情をコントロールする力が身につき 社会性を学んでいきますが、発達障害のある子どもの場合は この年齢が遅れる傾向があります。 4歳になっても会[…]