最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2019年01月

発達障害の子ども達には個々の特性に合わせた支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害にはASD(自閉症スペクトラム)、 ADHD(注意欠如/多動性障害)、 LD(学習障害)などがありますが、 これらは単独ではなくASDとADHD、ADHDとLDのように[…]

療育では失敗経験より成功体験を多く積める工夫が大事になります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の特性を持つ子どもに指導をする時に 「できるようになってほしい」という思いが強すぎて お母さん方がやってしまいがちな失敗があります。 それは、子どもに「失敗や間違いをた[…]

発達障害グレーゾーンの子ども達は適切な支援で困り事が解消しやすい状態です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

自分の子どもが「発達障害の疑いがある」 いわゆるグレーゾーンだと言われたら、 不安になったりとても複雑な気持ちになる方が多いと思います。 現段階で発達障害ではないと言われたとし[…]

発達障害の子ども達の生きる力を育てる教室です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

療育施設で提供されている療育プログラムにはいろいろな 種類のものがあり、それぞれに様々な効果が期待できます。 私たちの放課後等デイサービス教室では 独自の運動プログラムを主軸と[…]

発達障害の子ども達への合理的配慮の質の向上が求められています。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の可能性のある子どもが、小中学校のクラスに 1~2人はいると言われていて、学校側も 2016年4月からは合理的配慮をすることが 義務付けられています。 学校生活において[…]

少しの配慮で発達障害児の問題行動が改善する場合があります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

「子どもが指示が聞けない」という相談がありますが、 中にはこちらが少し配慮をしてあげるだけで 口頭指示でもしっかり通るようになる場合も多くあります。 発達障害を持つ子ども達への[…]

発達に凹凸のある子どもへの支援は特性や段階の把握が第一です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の認知度は年々高まっていますが、 自分の子どもに発達の遅れや凹凸があることがわかった時に、 何から始めればいいのか、どう接すれば良いのかなどが わからず、途方に暮れてし[…]

物事の習得に時間のかかる発達障害児では子どもの興味に合わせた関わりが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

子ども達は、日々の生活や学校の勉強などから 多くのことを身に付けていきます。 物事を習得するためには一定の時間がかかりますが、 発達障害の子ども達では特に物事の習得に 時間と労[…]

発達障害では情緒障害の症状が絡んでいることが多く適切な支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害には情緒的な問題も深くからんでいることが多く 情緒障害を引き起こして 社会にうまく適応できない子ども達が多くいます。 情緒障害の明確な定義はなく医学用語として 使われる[…]

発達障害では早期療育がスムーズな成長や二次障害の予防につながります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害には早期発見、早期療育が大切ですが、 年齢的に言語・認知・学習などが未発達な時期は 発達障害の症状がわかりにくく、診断されることは ありません。 ASD(自閉症スペクト[…]