最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年07月

発達障害の子ども達には適切な接し方をすることで行動の改善につながります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHD、ASD(自閉症スペクトラム)など発達障害を持つ 子ども達には、叱るより褒めることが基本ですが、 時には注意をしたり、叱ったりしなければいけない場面もあります。 ADH[…]

発達障害児と定型発達児の育児は大変さが違います。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

定型発達の子どもでも、子育ては当然大変なものです。 「言うことを聞かない」「すぐに泣きわめく」 ということがあっても、次第にコミュニケーションがとれるようになったり、 親も対処[…]

認知度が高まっている発達障害ですが、正しい理解が最も大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

最近では、ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害) などの発達障害の認知度は、発達障害と診断される人の増加や テレビなどメディアでも取り上げられる機会が 増えた[…]

学習障害では苦手より得意に目を向けることが全体的な力の発達につながります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

学習障害(LD)がある子ども達は、不得意な部分もありますが 代わりに得意な分野もたくさんあります。 どうしても不得意な部分が目につきやすくなりますが、 子どもの得意に目を向ける[…]

ストレス耐性の低いADHDでは適切な対応が大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHDの子ども達は、ストレスに対する耐性が低い傾向にあり、 個人差はありますがストレスに弱いと言えます。 ただでさえストレス耐性が低いのに、ADHDの特性によって 起こる行動[…]

LDの子ども達は苦手な分野では努力しても報われないことで自信をなくしやすくなります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

LD(学習障害)の子ども達の多くは、苦手な勉強を人一倍 努力して周囲に追いつこうとがんばります。 しかし、苦手なのは脳の特徴からきているので ほとんど成績は伸びないことが多く、[…]

発達障害への療育は子どもの気持ちを一番に考えることが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

私達が人と会話をする時には、注意力を働かせて相手の言葉を 聞き取り、その情報を一時的に記憶に留めたり、 同じ発音の言葉や言葉の省略などがあった場合は 文脈からその意味を考えると[…]

言葉が遅いイコール発達障害ではありません。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

子どもの言葉の発達が遅いと、自閉症を疑うという人が よくいますが、言葉が遅い=発達障害、 言葉が早い=発達障害ではない ということではありません。 1歳半健診でも3歳児健診でも[…]

発達障害からの二次障害を防ぐには早期の療育が効果的です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害があっても、一見そうとは見えないタイプの子や グレーゾーンに近い子などが、二次障害に悩まされることは 少なくないといわれています。 二次障害には様々なものがあり、不登校[…]

ADHD特性は無くすことはできませんが適切な療育で改善することはできます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHDは「不注意」「多動性」「衝動性」の3つの特性を 持った発達障害の1つです。 この3つの特性のどれが強くでるかは、 人によってそれぞれ違ってきます。 また、多動のないもの[…]