最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年02月

発達障害の人の脳は情報伝達がうまくいっていないことがわかっています。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

私達の脳は情報を次々に伝えていく働きをするニューロンという ものからできていて、ここから出る神経伝達物質によって 情報を次々に伝えています。 発達障害の人の脳では、いくつかの神[…]

ASDでは早期療育によって効果的に社会適応力を高められます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

同じASD(自閉症スペクトラム)と診断された人達でも、 その症状や特性は十人十色です。 共通しているのは「対人関係の障害」「コミュニケーションの障害」 「想像力の障害」の3つで[…]

発達障害の子ども達には工夫した声掛けや指導が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達への声掛けでは、 気をつけなければいけない点がいくつかあります。 例えば「ちゃんとして」や「ちょっと待って」などの 曖昧な表現だと伝わらず[…]

発達障害の子ども1人1人の特性に合わせた支援がスムーズな生活につながります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、2つのことを同時に 行なうのが難しく、優先順位をつけて行動することも苦手です。 そのため、1日のスケジュール表や細かな時間割などに沿っ[…]

ASDでは自分の体がうまく扱えない特徴を持つ子が多くいます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の中には、自分の体を うまく使えないという特徴のある子がとても多くいます。 目に見える部分しか意識することができなかったり、 目的を持って[…]

発達障害特性は良い方向に伸ばしていくことで強みにもなり得ます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

私達は人を見分ける時、全体の印象で判断することが多いですが、 ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、顔の一部や髪型、 服装など部分的に見て覚えていることがあります。 そのた[…]

発達障害の診断がなくても支援を必要としている子ども達がいます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

「グレーゾーン」や「パステルゾーン」という言葉は、 特別支援教育が障害者だけのものでなくなってきた今、 よく耳にするようになってきた言葉です。 発達障害の診断基準を全て満たすわ[…]

療育ではその人が生活しやすくなるための支援が大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

世の中は、定型発達の人が生活しやすいように考えて作られています。 そのため、発達障害など障害を持つ人にとっては生活しにくい 場面が多々あります。 しかし、「みんなと同じように」[…]

発達障害特性は脳の特性なので本人の意思や努力だけでは治りません。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害を持つ子ども達の中には、他人に意識が向けられず自分のことに 意識が集中してしまうこと、周囲から言葉や態度を誤解されたりすること などから、友達とのトラブルが多くなりがち[…]

LDによる困り事は学年が上がるに連れて増してきます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の1つであるLD(学習障害)は、特定の分野だけでの 困難があるのが特徴です。 そのため、いつも冗談を言って友達を笑わせている子や、 体育の授業が得意でいつもみんなのお手[…]