最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年08月

発達障害の子ども達が安心して生活できる対応の仕方や環境作りが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の子ども達にとって、「待つ」ことは難しいことです。 ただ順番を待つだけなら砂時計やタイマーを使ったり、 ちょっとしたおもちゃで気を紛らわせることも可能ですが、 今やりた[…]

ASDでは文字が読めても会話が成り立たないことがあり支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の中には、 言葉の発達に遅れが見られる子ども達もいます。 人にもよりますが、文字として読めていて 口に出すこともできるのに、人との会話は苦[…]

発達障害での感覚過敏はかんしゃくやパニックの原因になり事前の対処が大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、 常に不安やストレスの中で生活をしています。 そんな不安な気持ちや五感の過敏さから来る不快感は 私達には想像しがたいものがあります。 […]

ASDでの常同行動には理由を見極めた適切な対応がポイントになります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ASD(自閉症スペクトラム」の子ども達には、 同じ行動を延々と繰り返す「常同行動」が見られることが多いです。 例えば同じ場所をクルクルと回ったり、 手のひらをひらひらさせる、積[…]

発達障害の診断がなくても市町村発行の受給者証があれば児童発達支援を受けることができます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の確定診断はなく、療育手帳や障害者手帳などを 持っていない子ども達でも、療育支援の必要性が認められれば 市町村から受給者証が発行され、療育を受けることができます。 発達[…]

発達障害の子ども達が成長するほど理解者が常に周りにいるとは限らなくなります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHDで症状が強く出ているタイプの子どもでは、 体と頭の多動で常に倍速で動いていて、 ブレーキのきかない暴走車のような状態だったりします。 そうなると、冷静に判断することは難[…]

発達障害では思春期の関わりもとても大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の子ども達も成長し、やがて思春期を迎えます。 思春期は、人と自分との違いを意識する時期なので 自分は周囲の人と何か違うと違和感を感じ始めることが 多い時期ともいえます。[…]

脳内の神経伝達物質の不足もADHD特有の症状を引き起こすといわれています。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害のADHDの代表的な症状は、 「不注意」「多動性」「衝動性」の3つです。 これらの症状が起こる原因の1つとして言われているのが、 ドーパミンやノルアドレナリンといった脳[…]

学習障害も先天性の脳機能障害で努力だけでは改善が難しく療育が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の1つであるLD(学習障害)は、 知的な発達の遅れはなく、「読む」「書く」「聞く」 「話す」「計算・推論する」能力のうち 特定の苦手な分野以外の能力では問題がみられない[…]

ADHDでは治療薬と療育の併用が効果的な場合もあります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHDの治療薬としては、「中枢神経刺激薬」と 「非中枢神経刺激薬」があります。 中枢神経刺激薬は脳の覚醒度を上げるので注意力や集中力を上げ、 ADHDの症状を改善することがで[…]