最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2016年12月

自閉症スペクトラムは3歳頃にはっきりわかってきます。早期の療育で支援しましょう。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害があるとはっきり診断がつく時期は、発達障害の種類や症状の程度によりますが、 自閉症やアスペルガー症候群、高機能自閉症といった自閉症スペクトラムでは、 だいたい3歳頃には[…]

発達障害は完治しませんが、療育によって症状が和らぎ生活しやすくなります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHDは、脳の前頭葉が働くのに必要なドーパミンなどの神経伝達物質が届きにくいので 前頭葉がうまく働かず、注意欠陥、多動性、衝動性といった症状が出ると言われています。 このドー[…]

二次障害を防ぐためにも発達障害やグレーゾーンの子はたくさん褒めてあげることが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

私たちの放課後等デイサービスの教室では、放課後や長期休暇中に 子ども達が安心して過ごせる場所であること、 1人1人が無理なく能力を伸ばしていける場所であることを大事にしています[…]

運動療育で発達障害の子ども達の生活力を向上させていきます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

自閉症スペクトラムやADHDなどの発達障害の子は、肥満になりやすい傾向があります。 原因は偏食や食事量のコントロールができないこと、睡眠不足や 運動が苦手なことからくる運動不足[…]

発達障害児は2つのことを同時にできない子が多く、個々への対応が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

アスペルガー症候群などの発達障害の子ども達は、 2つのことを同時に処理するのが苦手という特徴があります。 例えば学習面では、学校の授業で先生が黒板に書いたことをノートにとる時、[…]

発達障害と深い関わりがある前頭前野を運動療育で育てていきます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害と脳の前頭前野の関係はとても密接に関わっています。 前頭前野は、物事を論理的に考え、順序立てて思考するなどの働きを担っています。 ここの活動が弱いといわれるADHDでは[…]

発達障害児の脳機能を高めワーキングメモリを鍛える運動療育プログラム

ワーキングメモリは作業記憶・作動記憶と呼ばれる一時的な記憶の機能です。 この力が弱いと記憶に基づいて効率的に行動することが難しくなります。 したがって早い段階からワーキングメモ[…]

発達障害の子に必要なのは、周囲の理解と適切なサポートです。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害のある子ども達は、生まれつき脳機能に問題があることで、 人の気持ちを想像したり、場の空気を読んだりすることが苦手で 自分を主張したり相手に合わせて抑制したりすることも苦[…]

楽しく自主的に取り組める療育活動が子どもの能力を効果的に伸ばします。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害での気になる症状を改善したり、能力を身に付けて できることを増やしていくためには「療育」がとても大切になりますが、 どんなに良い勉強や運動でも子どもが「やらされている」[…]

自閉症スペクトラムでは暗黙のルールや常識の理解が難しいので根気良く教えることが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

自閉症スペクトラムの人たちは、言葉にしなくてもわかる「暗黙のルール」や 「常識」といったことの理解が難しいとされています。 そこで、場にそぐわない発言をしてしまったり、 その気[…]