最新情報・コラム

column

ADHDの子どもは脳機能を上げて根本的な改善をすることが必要

ADHDの症状である多動性、衝動性、不注意という症状は、
脳の前頭葉の働きが弱いために起こるといわれています。

【関連記事】

ADHDに見られる13の症状|最適な改善方法とは

前頭葉がうまく働かない原因

前頭葉は、物事を論理的に考えたり、整理整頓、順序立てて考えるなどの
役割をしています。

この働きが弱いので、五感からの刺激を遮断できず、
周りの環境に反応してしまい、集中できないということにつながります。

前頭葉がうまく働かない原因はドーパミンという神経伝達物質が
不足しているために起こります。

運動による療育で前頭葉は活性化する

ドーパミンをたくさん出すためには、楽しく体を動かすこと、
褒められることがとても効果的だということがわかっています。

薬での治療もありますが、副作用も強く根本的な治療にはなりません。

ADHDはうつ病を併発することもあるので、薬で症状を抑えることよりも、
脳機能を上げて根本的な改善をしていくのが第一です。

放課後等デイサービスのフランチャイズで、独自の運動プログラムを使って
脳と心と体の成長を促す療育を提供し、子どもの発達の手助けをしませんか。

【関連記事】

脳の前頭葉を活性化させる「運動療育」を放課後等デイサービスで提供

個別説明会でご相談ください!

当社では加盟をご検討くださっている方を対象に、個別の事業説明会を実施しております。
お一人様ずつご予約制にて対応させていただきますので、疑問点、ご不安な点について、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る