最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2021年07月

発達障害の兆候を見逃さず早期に療育を行うことが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害は先天性の脳機能の偏りによる障害で、 得意と苦手の差がとても大きく、 周囲の環境や人との関わりで生じるミスマッチから 社会生活の中で様々な困難が起こります。 しかし発達[…]

夏休み中はサポート次第でステップアップのチャンスになります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

今年も、子ども達にとってはワクワクの 夏休みが始まりました。 その一方で大人は、子どもの宿題の進捗が気に なったり、夜更かし、ゲームのやりすぎ、食生活の 偏りといった生活リズム[…]

発達障害ではICT利用のメリットもデメリットも受けやすくなります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

文科省が定めた「新学習指導要領」 (小学校は令和2年(2020年)度、 中学校は令和3年(2021年)度から全面実施。 高等学校は令和4年(2022年)度から 学年進行で実施)[…]

子ども達を伸ばすのは個々に合ったサポートです。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害がある子や、その特性を持つ子ども達では、 特性によって生活面だけでなく学習面でも つまづきやすく、頑張ってもうまくできない・ 理解が難しいことから勉強に苦手意識を持って[…]

社会生活で必要になる力を療育で育て将来につなげます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ 

私たちが社会の中で、多くの人と関わりながら 自分の役割を果たし、スムーズで豊かな生活を 送っていくためには様々な力が必要になります。 中でも、私たち人間は他の人と関わらずには […]

放デイは家族のレスパイトケアとしての役割も担っています。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

近年増えてきていると言われる 「カサンドラ症候群」。 これは、ASD(自閉症スペクトラム障害)を 持つ人の家族など身近にいる人が、 うまくコミュニケーションがとれないことで 情[…]

発達障害への支援は長期的視野に立って行う必要があります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害を持つ人達への支援は、早期に始めて それぞれのライフステージごとに変化させながら、 途切れることなく行っていくということが大切です。 ライフステージによって行う支援が変[…]

療育は特性との付き合い方を身に付ける為にも重要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害は生まれつきのもので、治るものでは ありません。 基本的には、それぞれの持つ特性と 生涯に渡って付き合っていくことになります。 そのため、「自分がどんな特性を持っていて[…]

合理的配慮で子どもの持つ力が発揮されやすくなります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

「合理的配慮」とは、障害を持つ人達の人権が 障害のない人達と同じように保障されること、 そして教育や就業、その他の社会生活においても 平等に参加できるように、1人1人の持つ 障[…]