最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年05月

ADHDなど発達障害の子には叱らず個々に合わせた療育が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHD特性を持つ子ども達の中でも、衝動性を強く持ち合わせている 場合、学校の授業や集団活動の場面での問題行動が多かったり、 外出時には危険な目にあう確率も高くなるので 親御さ[…]

ADHDなど発達障害ではルーティンワークが苦手なことがありサポートが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害やその特性を持つ子ども達が、苦手意識を持つことの1つにルーティンワークがあります。 ここではルーティンワークが得意ではないADHDなど発達障害の子ども達の特徴と、支援方[…]

発達障害の中でも知的な遅れがない場合特に判断が難しい場合があります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害は、定型発達との境界線が明確でないことや 症状が個々に違って多岐に渡ることなどから その診断は難しいといわれています。 特にADHD、LD(学習障害)、ASD(自閉症ス[…]

ADHDの不注意特性は大人になっても残るので早期支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHD特性のある人の困り事の代表的なものとして、 ケアレスミスの多さや忘れ物、無くし物が多いといった 不注意特性による症状があります。 忘れ物やミスは誰にでもあるものですが、[…]

発達障害特性には早期の療育支援が効果的で最も重要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の中でも、知的な遅れのないASD(自閉症スペクトラム)や ADHD、LD(学習障害)は、全体的な発達に遅れがあるわけでは ないので、症状が軽度だと気付きにくいとも言われ[…]

発達障害の子ども達のパニックは適切な対処と予防することが大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

集団生活の場では、周りに合わせたり時間で動く必要があったり 何かと我慢をしなければいけない場面が多くあります。 そのため、発達障害特性を持った子ども達の中には 小学校に上がって[…]

発達障害特性による白黒思考や二極思考は生き辛さの要因になります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害を持つ子ども達の中には、二極思考・白黒思考といった 特性を持つ子が多くいます。 二極思考・白黒思考には、どんな問題があり、どう向き合っていけば良いのでしょうか。 発達障[…]

発達障害グレーソーンの子ども達にも早期の療育が効果的です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の診断がついた子と、定型発達の子との境界線は 明確にはありません。 障害とまではいかないけれど何らかの困り事を感じているのが、 グレーゾーンと呼ばれる子ども達です。 発[…]

発達障害支援だけではない!二次障害を防ぎ将来に向けた療育を行う放デイ

放課後等デイサービスは、発達障害の子ども達に療育を通して支援する施設です。 いま起きている症状だけでなく、二次障害を防ぎ将来に向けて生きる力を育てる役割も行います。 放課後等デ[…]

ADHD特性は成長と共に変化していくので臨機応変な対応が大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHDなど発達障害は先天性の脳機能障害のため、 完治するものではなく生涯付き合っていくものです。 しかし、子どもの頃にADHDと診断された人達の中には 成長と共に症状が目立た[…]