最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年01月

ADHDは病気ではないので完治はしませんが、療育によって改善が目指せます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

何度注意しても感情や行動のコントロールができず、 同じ失敗を繰り返したり落ち着きがないのは ADHDの代表的な特徴ですが、 この子達がみんなADHDかというと、そうではありませ[…]

発達障害を放っておくと不登校やうつなど二次障害につながることがあります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害がある場合、多くの人は何かしらの生き辛さを感じています。 それに対して何も対処せずに放っておくと、 無理をした生活を強いることになるので、 発達障害とは別の新たな二次的[…]

発達障害は目に見えない障害なので生後すぐに診断されることはありません。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害は先天的な障害ですが、目に見える障害ではないので 生後すぐに診断されることはありません。 それぞれの障害によって診断されやすい時期が異なりますが、 どの障害も症状が軽減[…]

ADHDの人は外からの刺激をコントロールできないので脳が疲れやすくなります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHDの人は疲れやすいといいます。 ADDであることを告白したモデルの栗原類さんも著書で書かれていますが、 脳が外から入ってくる様々な刺激をコントロールできないので、 必要な[…]

発達障害は複数合併していたり知的障害や精神障害を伴うこともあります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害には、主に広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)、 ADHD、学習障害の3つに分類されており、 先天性の脳機能障害により発達に遅れが生じる障害です。 中には複数の発達障害[…]

発達障害児のこだわり行動は、無理にやめさせてはいけません。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ASD(自閉症スペクトラム)などの発達障害を持つ子どもは、 お店や学校に行くのは、いつも同じ道順で歩く。 本やおもちゃを置く位置が決まっている。 決まった時間や予定を必ず守ろう[…]

やっても良いことと悪いことの区別がつきにくいASDの子ども達には根気よく教えることが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ASD(自閉症スペクトラム)とは、「社会性」「コミュニケーション」「想像力」 の3つの障害を特徴とする発達障害です。 ASDの中には自閉症、アスペルガー症候群、高機能自閉症など[…]

発達障害があると言葉の遅れだけでなく様々な症状が複合して現れます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

広汎性発達障害は、自閉症やアスペルガー症候群などを含む発達障害の一種で、 中には知的な遅れや言葉の遅れが現れるものもありますが、 発達障害の種類や症状の程度によっては、見つける[…]

自閉症では短期記憶やワーキングメモリの弱さがありますが、改善していくことが可能です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

自閉症などの発達障害のある人達は、記憶力に何らかの問題があることが 多いと言われていて、長期記憶は異常に優れているのに、 短期記憶やワーキングメモリの領域が狭いために 一度に複[…]

ADHDではパーソナリティ障害など二次障害を併発することもあるので注意が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHDとパーソナリティ障害は、現れる症状に似ているところがあるため、 間違われることがありますが、大きな違いは、ADHDは先天性の脳機能障害で、 パーソナリティ障害は精神疾患[…]