当社の施設と目標

aboutus

当社の施設について

私たちの教室は、市区町村の福祉課が発行する「受給者証」をお持ちのお子さんを対象に、放課後の時間や学校休業日を安心して過ごせる場所として、許認可をうけて運営する施設です。ただ預かるだけでなく、運動遊び、学習支援、ソーシャルスキルトレーニングなど、様々な療育を提供する施設です。
学童クラブをイメージしていただくと分かりやすいでしょう。
通うためには、市町村の福祉課などが発行する「受給者証」が必要になります。(※障がい者手帳とは別のものです。)
発達障がいに関する教育や研修を受けたプロの指導員が、『安全に配慮した運動療育、学習指導』を始め、様々な療育をバランス良く提供する療育の施設です。

これまで、私たちの実施する「柳沢運動プログラム」は、多数のメディアに取り上げられてきました。テレビ、新聞、雑誌などの掲載実績は、メディアでの掲載のページをご覧ください。
さらに、全国の幼稚園、保育園、小学校の教育カリキュラムに組み込まれるなど、40年ほど前から教育分野において、知名度が高くなってきました。

私たちの目標

私たちの教室では、専門的なスキルを有した職員が子どもたちに療育を提供します。
職員は、体の発達だけでなく、脳の発達に関しても専門的な知識を有しています。
子どもたちを安全に預かり、笑顔が溢れる環境を作ることができる粒ぞろいの職員たちです。

日常生活で必要な力を、できるだけたくさん身につけさせてあげたいと考えています。
「子どもの育つ喜びを保護者の方と一緒に共有して涙を流して喜び合える」
そんな教室を目指しています。