最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年01月

発達障害では入ってくる情報や体の感覚を総合的に判断するのが難しいことがあります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害のある人の中には、特定の感覚が鈍磨だったり 受け取った刺激や情報から総合的に判断するのが難しい人がいます。 そのため、痛みや疲労感、空腹感や満腹感などの身体的な感覚を […]

ADHDでは感情の抑制が苦手で人間関係でのトラブルに悩みがちです。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHD特性を持つ人達の中には衝動的で感情のコントロールが 難しく、ささいなことで怒りを爆発させてしまったり、 手が出てしまったりします。 これは、脳の前頭前野の働きが弱いこと[…]

発達障害の兆候は乳児期から出ていることもありますがすぐに診断にはなりません。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)など 発達障害は、先天性のものです。 しかし、どれも生後すぐに発見できるものではありません。 ASDでは、0歳児の頃から[…]

ADHDでは毎日のルーティンワークがとても苦手です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHDの人にとって、やらなければいけない毎日のルーティンは とても苦手なものです。 子どもなら、学校から帰ったら手を洗う、宿題をする、 お便りを出す、洗濯物を出すなど決して難[…]

発達障害の子ども達はルールを決めてできることを増やしていく支援が大切です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ASD(自閉症スペクトラム)など発達障害の子ども達には、 私達が勝手に「当たり前」と思っていることがそうではないことがあり、 1つ1つ対応が必要になる場合があります。 例えば学[…]

発達障害では認知特性のバランスが悪いことが多くサポートが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

私達が頭の中で情報を理解し、整理し、記憶し、表現する能力を 認知特性と言い、視覚優位や聴覚優位、言語優位などがあります。 これらの能力の得意・不得意は人によって違い、 かなりの[…]

発達障害は症状が出てからわかる障害で診断も簡単ではありません。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害は成長の過程で症状や困り事が出てきて始めてわかる障害で、 その診断も様々な要素から総合的に判断していくため、 専門家でも難しいことがあります。 いくつもの検査をしたり、[…]

発達障害の診断がなくても早期の療育で症状改善が目指せます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

子どもが第一子の場合、親も子育ての経験がない状態で育児をしていきます。 そのため、例え発達障害の傾向があったとしても 「子どもだからこんなものかな」と見逃してしまうことがありま[…]

発達障害による症状は厳しく叱ることで治るものではありません。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害がある子ども達は、小さい頃から親や先生、友達にも 注意・叱責を受ける経験が多かったり、失敗経験も多くなりがちです。 そのため、成長と共に自分と周囲を比べて落ち込んだり、[…]

発達障害では個々の特性によって会話や雑談が苦手なことがあります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の子ども達は、人と会話をすることや雑談を交わすことが 極端に苦手ということがあります。 ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LDなどそれぞれの特性によって その原因[…]