最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年08月

発達の気になるお子さんに体・脳・心を育てる運動療育が効果的です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

私達の放課後等デイサービスの教室では、運動あそびによる 運動療育を主軸として、発達障害や発達の気になる子ども達に 療育活動を行なっています。 いろいろな療育方法がある中でなぜ運[…]

発達障害の子ども達では運動が苦手なことが多くあり対応が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害を持つ子ども達の中には、体がかたい、 動きがぎこちない、手先が不器用といった特徴のある 子ども達が多くいます。 体がうまく動かせないと、運動に対する自信がなくなって ま[…]

子どもの障害特性に合わせた支援で力を伸ばしていく教育が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

「特別支援教育」とは、障害のある子ども達1人1人のニーズに 合わせた支援・取り組みで、持っている力を引き出し高めながら、 生活や学習上の困難を改善したり克服していくというもので[…]

特別支援学級は数も支援の質も足りておらず必要な支援が受けられない子がたくさんいます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害を持つ子ども達、またはその特性を持つ子ども達が 通うことが多い、公立小中学校の特別支援学級。 教室も教員も不足している上に、その支援の質にも かなりのムラや差があります[…]

パニックは予防が大事なので子どもの傾向を知ることがとても重要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の子ども達は「パニック」を起こすことがよくありますが、 このパニックも個人差があります。 パニックというと、泣き叫んで暴れるイメージをも持つ方が 多いかもしれませんが、[…]

子どもの視点に立った早期療育支援で将来につなげていきます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の子ども達の、集団行動が苦手、こだわりが強い、 片付けられない、授業中座っていられない、かんしゃくを起こす などの困った行動は、大人の視点から見た困った行動がほとんどで[…]

発達障害の症状は不適切な対応や支援の遅れで悪化したり別の問題につながりやすくなります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ADHDの子ども達は、同年齢の子と比べて集中力や注意力が 持続しにくいという特徴があります。 人と話をしている途中でも、テストの途中でも、 他から音が聞こえたり部屋の飾りや動く[…]

発達障害は適切な支援によって成長し暮らしやすくなります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)などの 発達障害は先天的なもので、一生付き合っていく障害では ありますが、適切に支援・サポートを受けることができれば そ[…]

発達障害の子の多くは口頭指示による理解が苦手です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の子ども達の多くが耳からの情報収集が苦手で、 口頭指示がほとんど通らないことがあります。 そして時間を見て行動したり、優先順位をつけて行なうといった ことも苦手なことが[…]