最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2016年05月

社会で生きていくためには社会性を身につける必要があります。放課後等デイサービスのフランチャイズ

私たちが社会の中で生きていくためには、社会性やコミュニケーション力が必要です。 しかし、何らかの発達障害を持つ子ども達はそういった能力が低いために、 保育園や幼稚園、小学校など[…]

最近よく聞くADHDの子どもも支援ができる放課後等デイサービス事業

ADHDの子どもにとって日々の日課を順調にこなしていくということは難しいことです。 それによって本人も両親もストレスを感じることが多くなります。 しかし、決して本人の努力不足や[…]

特別支援学校・学級の不足問題を放課後等デイサービスが解決する

現在、療育などの支援を求める子どもは増えている一方で、特別支援学校・学級が不足しています。 この問題を解消できるのが、放課後等デイサービスです。 放課後と長期休暇に通所できる施[…]

気付かれにくい学習障害ですが、適切な支援が必要です。放課後等デイサービスのフランチャイズ

学習障害(LD)は、「読む」「聞く」「話す」「書く」「計算する」 といった能力のうち、一部の能力だけに困難がある障害です。 苦手分野以外の能力には問題が見られず、知的な遅れもな[…]

発達障害の子ども達。社会性を身につけることが重要です。放課後等デイサービスのフランチャイズ

目の前の人が持っているものが自分の欲しいものだったとき、 欲しいとか近くで見たい、触ってみたいという欲望に駆られることがあります。 しかし、いきなり知らない人に自分の物を触られ[…]

発達障害の脳の特性を活かした過去の偉人は数多くいます。放課後等デイサービスのフランチャイズ

エジソンやレオナルド・ダ・ヴィンチ、アインシュタイン、坂本龍馬なども 発達障害を持っていたといわれています。 現代において活躍している有名人にもたくさんいます。 彼らは自分の脳[…]

ダウン症の精神的、身体的な遅れも療育である程度改善します。放課後等デイサービスのフランチャイズ

ダウン症は妊娠中にわかることも多く、生まれてから1ヶ月ほどの間に 診断されることがほとんであると言われます。 顔つきに特徴があることや筋肉量の少なさからくる動作の特徴などで、 […]

子どもがかんしゃくを起こしたら環境を変え冷静な対応をします。放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害を持つ子は、パニックになったりかんしゃくを起こすことがよくあります。 その原因は不安からくるものだったり、何かがうまくできないからだったり様々です。 不安からきている場[…]

好きなこと、楽しいことをすると集中力が上がります。放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害のADHDでは、脳の前頭葉が活性化するのに必要なドーパミンが届きにくいので 前頭葉がうまく働かず、注意欠陥、多動性、衝動性といった症状が出ると言われています。 このドー[…]

発達障害と前頭葉の働きは深く関係すると言われています。放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害と前頭葉の働きには深い関係があると言われていて、 ADHDやアスペルガー症候群では脳の前頭前野の活性が弱いという特徴もあるようです。 前頭前野は、生きていくために必要な[…]