最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2016年01月

自分の体の動きをイメージしにくい発達障害児の支援も。放課後等デイサービスのフランチャイズ。

発達障害のある子は自分の体を客観的にとらえ イメージすることがとても苦手です。 そのため、「両手を上げて、体をねじりましょう。」といわれても どこをどう動かせばいいのかわからな[…]

LD(学習障害)の特徴と療育の必要性。放課後等デイサービスのフランチャイズ

LD(学習障害)は、知的な遅れはなく 学習面で、ある特定の能力の習得が困難という特徴のある発達障害です。 全体的な発達の遅れはないので親でも気付きにくく、 周囲に理解してもらえ[…]

ADHDなど発達障害は親の関わり方も大きく影響します。放課後等デイサービスのフランチャイズ。

ADHDや自閉症などの発達障害の子どもへの対応では、 親の関わり方もとても重要なポイントになります。 まずは発達障害についてよく理解することが大切です。 ADHD、アスペルガー[…]

大人のADHDでは不注意が目立つようです。放課後等デイサービスのフランチャイズ

大人のADHDの症状は、子どもよりも多動性は低くなりますが、 不注意が目立つ傾向にあるといわれています。 やることはたくさんあるのにいつも予定通りにできなくて片付かなかったり、[…]

障害があっても特徴に合わせた環境作りで日常生活が楽になります。放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害や知的障害などがあると、他の人と同じような生活をすることは 困難なことも多くあります。 日常のルーティンをこなすことが苦手だったり、 人と会話したりコミュニケーションを[…]

4歳児のアスペルガー症候群のサインはこれです。放課後等デイサービスのフランチャイズで療育の提供を。

アスペルガー症候群は知能や言葉の遅れがないので、 年齢が低いほどアスペルガー症候群だと診断することが難しく、 むしろ知能が高いこともあるので発見するのが遅れることも多く、 少し[…]

発達障害児には絵カードでの視覚支援が効果的です。放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害で、言葉によるコミュニケーションがあまりできない子は、 絵カードを使った視覚的な支援も効果があります。 絵カードは、その子によってイラスト、写真、記号など 理解しやすい[…]

放課後等デイサービスのフランチャイズでの楽しい運動遊びで社会性も育てます。

社会性を身につけることは、人間関係を円滑に進め、 社会の中で生活していくために欠かせないことです。 しかし、発達障害を持つ人はその能力が欠如していて、 人間関係をうまく築いてい[…]

グレーゾーンの子ども達も療育が効果的です。放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害と診断されてはいないものの、 発達障害の症状に当てはまるものがいくつもある、 グレーゾーンの子ども達も脳機能を上げるような活動を行うことで その症状は軽減していきます。[…]

ダウン症のほとんどは遺伝ではないようです。放課後等デイサービスのフランチャイズ

ダウン症もいくつかの種類に分けられますが、 転座型と呼ばれるもの以外はあまり遺伝性はないようです。 もちろん、まったく遺伝しないということではないので、 両親のどちらかがダウン[…]