最新情報・コラム

column

発達障害特性による白黒思考や二極思考は生き辛さの要因になります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害を持つ子ども達の中には、二極思考・白黒思考といった
特性を持つ子が多くいます。

二極思考・白黒思考には、どんな問題があり、どう向き合っていけば良いのでしょうか。

発達障害児の二極思考・白黒思考とは

二極思考・白黒思考とは、「善か悪か」「白か黒か」「全か無か」をハッキリさせたい思考です。いわゆるグレーゾーンや曖昧な領域を好みません。

柔軟に物事を見ることができず、極端な考え方や行動をとりがちです。

例えば、

  • 失敗を極端に恐れる
  • 0か100かで物事をとらえてしまう
  • なんでも一番でないと気に食わない
  • 人の好き嫌いがハッキリしている
  • 興味・関心ごとのある無しが明確である
  • ルール通りやらないと気が済まない

といった傾向があります。

このため、ゲームや競争で負けそうになると放棄をしたり、
テストで少し間違えただけでも泣いてパニックになったり、
自分はダメな人間だと思い込んでしまったりします。

これは「一番病」と呼ばれることもあります。

  • 一番先にご飯のお代わりをしたい
  • 一番先頭立って並びたい
  • 一番先に名前を呼ばれたい
  • 勝負は一等賞でなければ気が済まない
  • 車や部屋に一番乗りをしたい

ADやHD、広汎性発達障害など、一番にこだわる発達障害の子どもは少なくありません。自分が一番でなければ、パニックや癇癪を起してしまうこともあります。

二極思考・白黒思考や一番病を放置しておくと、どのような問題があるのでしょうか。

二極思考・白黒思考・一番病が抱える問題

1つは、子ども本人の生きづらいという問題があります。つねに白黒や勝ち負けが明確なわけではありません。

一番でないと安心できない、ハッキリしなければ落ち着かないなど、不安や迷いなどネガティブな気持ちを持ち続けたまま日常生活を送ることになります。

もう1つの問題は、周囲の人たちにも迷惑をかけることです。

癇癪を起こして周りの人を不快な気持ちにさせたり、融通が利かないことで迷惑をかけたりと、他人との関係をうまく形成できない状況に陥ります。

いずれにしても不安を抱えたまま日常を過ごし、社会性格を送らなければならないことが、子どもにとって大きなストレスとなるでしょう。

【関連記事】

子どもの癇癪は事前の配慮で回避しながら適切なサポートをしていきましょう

原因は発達障害による特性

二極思考・白黒思考や一番病は、なぜ起きるのでしょうか。

よく子ども自身の性格と考えられるのですが、決して性格の問題ではありません。

原因は、発達障害による特性です。脳機能の特性によって、強いこだわりが生じてしまうのです。

会話や行動にとくに問題がないと、周りの人たちは発達障害だと気づかないかもしれません。

こうした特性によって一番辛いのは子ども本人なので、
すぐに改善できることではありませんが
根気よくその子に合った関わりを続けていくことで、
少しずつ気持ちの切り替えや柔軟な思考を身に付けていけるように
1人ひとりに合わせた方法を見つけてサポートしていくことが
とても大切です。

私達は放課後等デイサービスの教室で、発達障害と診断された子ども達、
診断はついていなくても発達障害の特性を持ち、
日常で困難さを感じている子ども達に療育活動を提供し
支援・サポートを行なっています。

子ども達が将来社会の中で、安心して自立した生活が送れるように
今の姿だけでなく5年後や10年後の姿を見すえながら
支援を行なう教室です。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

個別説明会でご相談ください!

当社では加盟をご検討くださっている方を対象に、個別の事業説明会を実施しております。
お一人様ずつご予約制にて対応させていただきますので、疑問点、ご不安な点について、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る