最新情報・コラム

column

発達障害支援だけではない!二次障害を防ぎ将来に向けた療育を行う放デイ

放課後等デイサービスは、発達障害の子ども達に療育を通して支援する施設です。

いま起きている症状だけでなく、二次障害を防ぎ将来に向けて生きる力を育てる役割も行います。

放課後等デイサービスの療育で期待できる支援を紹介します。

発達障害における二次障害とは

発達障害の子ども達は、その特性から友達との良好な関係を
築きにくかったり、失敗経験を積み重ねやすくなります。

また、周囲から褒められることよりも注意・叱責を受けることの
方が多くなりがちなこともあり、自己肯定感を育む機会が
少ないまま成長することがあります。

自己肯定感の低さがさらに周囲とのトラブルを生んだり、
二次障害を引き起こすことにもつながるので、
発達障害では早期発見がとても重要になります。

【関連記事】

将来を左右する自己肯定感を運動療育で効果的に高めます。

療育で早期支援することが重要

早期に特性に応じた対応、支援を行なっていくことで
成功体験を増やして自己肯定感を高めながら、
特性を改善していったり、特性への対処法を身につけたり
することにつながっていきます。

発達障害を持つ子ども達は常に多くの不安やストレスを
感じています。

少しでも早くそれを取り除き、安心して日々の生活を送って
いけるように周囲の理解と支援が何より大切です。

子ども達の将来的な自立のためにも、学校や家庭以外の場所での
療育活動がとても重要になってくるので、
ぜひ放課後等デイサービスを活用していただきたいと思います。

【関連記事】

早期発見、早期支援がスムーズな成長と将来につながります。

運動療育なら『こどもプラス』の放課後等デイサービス

放課後等デイサービスの教室にもいろいろな種類の教室があります。

学童クラブのようにお子さんをお預かりするだけの教室もありますが、
『こどもプラス』の教室では運動あそびによる運動療育を主軸としながら
様々な内容の療育活動で子ども達の育ちをサポートしています。

そして私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
発達障害特性を持つ子ども達に療育支援を提供する
放課後等デイサービスの教室の運営に興味をお持ちの方は
ぜひ私達にご相談ください。

教室開所に向けてしっかりとサポートしていきます。

個別説明会でご相談ください!

当社では加盟をご検討くださっている方を対象に、個別の事業説明会を実施しております。
お一人様ずつご予約制にて対応させていただきますので、疑問点、ご不安な点について、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る