最新情報・コラム

column

放デイの運動遊びで、発達障害の子ども達の社会性が育つ理由

社会性を身につけることは、人間関係を円滑に進め、
社会の中で生活していくために欠かせないことです。

発達障害の子どもが抱えがちな人間関係の問題

しかし、発達障害を持つ人はその能力が欠如していて、
人間関係をうまく築いていくことができないので
友人もできにくく、社会の中で孤立してしまうことがあります。

発達障害では、先天的に脳の機能不全が起きているので、
本人にはまったく悪気もなく、なぜ人に嫌な思いをさせてしまうのか、
人がどう思っているのかもまったくわからないので混乱し、
うつ病のような精神的症状を併発してしまうこともよくあります。

【関連記事】

発達障害で怖いのは「二次障害」

放課後等デイサービスで日常生活のレベルを底上げ

このようなことにならないためには、療育が必要なのです。
私達の放課後等デイサービスのフランチャイズで行っているカリキュラムでは、
療育的な運動支援と、学習サポートも行っています。

学校の終わった後や、長期休暇の時にも通える発達支援教室です。

ここで提供する運動療育プログラムを行うことで
脳の前頭前野が活性化し、脳の機能アップができます。

それは日常生活でのレベルを上げることにつながり、
結果本人やご家族の負担やストレスを減らすことにつながります。
このような教室で、未来ある子ども達のサポートを一緒にしてみませんか。

【関連記事】

脳の実行機能を高める運動療育で発達障害の子ども達をサポート

個別説明会でご相談ください!

当社では加盟をご検討くださっている方を対象に、個別の事業説明会を実施しております。
お一人様ずつご予約制にて対応させていただきますので、疑問点、ご不安な点について、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る