ADHDなど発達障害ではルーティンワークが苦手なことがありサポートが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2018-05-29

発達障害があったり、その特性を持つ子ども達の中には
毎日のことでもなかなか習慣付かなかったり、
決まったルーティンワークがこなせないということがあります。

例えば朝の時間はどこのご家庭も忙しいものですが、
そんな中で服を着替えるだけでも着る順番を間違えたり
途中で遊びだしてしまったりして、なかなか終わらない。
それからご飯を食べたり歯を磨いたりいくつも準備があって
登園や登校までにとても時間がかかると
毎日朝からとても疲れてしまいますよね。

子どもの苦手としている部分に合わせて、
服を着る順番に並べておいたり、扱いやすい服や子どもが好きな服を選ぶ、
タイマーなどで制限時間を設ける、できたらポイントがもらえる、
といったようにサポートしてあげるとスムーズになることが多いです。

始めのうちは手間もかかり、過保護では?と思うかもしれませんが、
少しずつサポートがなくても自分でできるようになっていくので、
それぞれのペースでステップアップしていけるような
サポート・支援が大切です。

私達は放課後等デイサービスの教室を開き、ASD(自閉症スペクトラム)、
ADHD(注意欠如/多動性障害)、LD(学習障害)など
発達障害の子ども達、又はその特性を持つ子ども達、
その他障害を持ち支援を必要としている子ども達に
個々に合わせた療育活動を提供しています。

療育活動では子ども達の今の困り事の改善だけでなく、
5年後の姿、将来社会に出た時の姿を見据えながら行なっていきます。
発達障害による特性はなくなりませんが、子どものうちから
適切な療育支援を受けることで改善・軽減が見込めます。
子ども達の不安やストレスが減り、毎日の生活が生きやすい
安心できるものになるように支援を続けています。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.