最新情報・コラム

column
カテゴリー別アーカイブ:

発達障害

支援を必要としている子ども達は年々増加しています。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

現在、国の調査では小中学生の子ども達のうち、 約6.5%が発達障害の可能性があるとされています。 発達障害の種類ごとに ASD(自閉スペクトラム症)が100人に1人程度、 AD[…]

学習面の悩みを二次障害につなげないよう支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

LD(学習障害)は、発達障害の中でも早期発見が 難しく、判断がしにくいと言われます。 それは、LDでは知的な遅れが見られないこと、 特性が学習に関わるものが多く、本格的な学習が[…]

運動不足が子どもの発達に与える影響は甚大です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

新型コロナウィルス感染症の拡大によって、 昨年春の一斉休校、そして様々なイベント、 運動や課外活動の中止や縮小が現在に至るまで 継続しています。 それに伴って子ども達の運動の機[…]

発達障害ではICT利用のメリットもデメリットも受けやすくなります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

文科省が定めた「新学習指導要領」 (小学校は令和2年(2020年)度、 中学校は令和3年(2021年)度から全面実施。 高等学校は令和4年(2022年)度から 学年進行で実施)[…]

就学相談は学校生活のQOLにつながる重要な機会です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

子どもが保育園や幼稚園の年中・年長児になると、 小学校入学に向けて「友達と仲良く遊べる?」 「先生の指示がしっかり聞ける?」 「じっとしていられないけど授業をちゃんと 受けられ[…]

障害を持つ子ども達を取り巻く環境も少しずつ変化しています。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

障害についての考え方、捉え方は時代と共に変化していて、 近年でもまだ大きく変化しています。 WHOの障害についての捉え方を見ても、一昔前は 「できないことを見つけてそれを治して[…]

中学卒業後も継続した支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

文部科学省の調査によると、小中学校の通級指導教室の設置 学校数は年々増えていて、指導を受ける児童数も増加しています。 また、これまで進んでいなかった高校での通級による 指導制度[…]

特別支援学級在籍児童は増加傾向が続いています。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

文部科学省の令和元年度の調査によると、 特別支援学級を設置している小学校の割合は83.4%、 中学校では77.8%となり、多くの小中学校で特別支援学級の 設置が進んでいることが[…]

LDの特性は社会生活にも影響し支援が欠かせません。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の1つ、学習障害(LD)とは、全般的な知的な遅れは ないものの、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算又は 推論する」能力のうちの、特定の分野において 著しい困難がある[…]

全ての子ども達が安心して成長できる環境設定が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

進級・進学のこの時期、新たな環境での生活が 始まった方も多いと思います。 そんな中、全国の公立の小中学校の子ども達の中には 100人中6~7人という割合で、発達障害の特性を持ち[…]