最新情報・コラム

column
カテゴリー別アーカイブ:

放課後等デイサービス

放課後等デイサービスの人員配置基準と加算一覧・適切な取得方法も紹介

人員配置の知識を持つことは、放課後等デイサービスの運営を安定させる大きなポイントです。正しい知識を持ち、加算を効果的に取得できれば、収益を大幅にアップさせられます。しかし知識が[…]

児童発達支援管理責任者を採用する重要性と離職を防ぐ支援体制

放課後等デイサービスは、以下の人員配置を基準に運営されます。 教室の管理者(設置者) 児童発達支援管理責任者:専任・常勤で1名以上 児童指導員または保育士:2名(うち1名は常勤[…]

放課後等デイサービスで成功しやすいエリアとテナントの選び方

放課後等デイサービスに参入する第一歩は、出店エリアを絞り込み、物件探しを行うことです。需要がないエリアに開所したところで、運営はうまくいきません。見込み客が多いエリアの特徴を掴[…]

放課後等デイサービスって何をする場所?役割や目的を紹介

放課後等デイサービスは、障害がある子どもが通うことのできる施設ですが、必ず通わなければいけない場所ではありません。 しかし、生活力や学力の向上など、子どもの成長を支援するために[…]

放デイは診断がなくても利用でき早期療育につながります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

放課後等デイサービスは、2012年の児童福祉法改正に よって位置付けられた福祉サービスの1つで、障害の ある就学児が学校が終わった後や長期休暇中などに、 通うことができる施設で[…]

子どもには遊びの時間が必要!運動療育で学びながら楽しめる時間を確保

子どもにとって「遊び」はとても重要な学びの場で、 乳児期・幼児期・児童期のどの時期においても 欠かすことのできないものです。 遊びを通して身に付けられること 遊びの中で意欲や思[…]

発達障害グレーゾーンのお子さまによる利用ニーズがある放デイ

最近では発達障害についての認識が広がってきたことや 診断技術の向上など様々な要因から、発達障害と診断される人が とても増えてきています。 グレーゾーンに当てはまる子ども達が多い[…]

学校以外での療育活動が重要な理由|放課後等デイサービスの必要性

今回は、小中学校以外での療育活動が重要な理由をお伝えします。 結論から言うと、適切な対応や指導が行き届いているわけではありません。 この問題を解消するためには、放課後等デイサー[…]

発達障害とわかったら利用できる放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子どもは特別支援学校・学級に通うことができます。 子どもの状況を見極めて、適切な進学をさせることが重要です。 特別支援学校・学級だけでなく、放課後等デイサービスも[…]

発達障害の疑いがはっきりする3歳前後から放デイで療育を受けられます

発達障害の疑いがはっきりするのは3~4歳前後です。 自分の子どもが発達障害と診断されたら、早期に療育を受けることをおすすめます。 療育は放課後等デイサービスで受けられます。 発[…]