最新情報・コラム

column
カテゴリー別アーカイブ:

放課後等デイサービスのフランチャイズ

放課後等デイサービス開業の流れと必要条件・資金を解説

放課後等デイサービスは、障がいを持つ子どもが対象の児童福祉事業です。 「児童福祉事業」と聞くと、なんとなく「参入は難しそう」と感じるかもしれません。 たしかに放課後等デイサービ[…]

放課後等デイサービスで他社と差別化するには?開業に役立つ具体的方法5選

放課後等デイサービスが「安定したビジネスモデル」だと言われたのは、もはや過去の話です。参入事業者が増え利用者の獲得競争が激化した現在、特色を持たない事業所は赤字に追い込まれ淘汰[…]

売り上げを伸ばすことができる放課後等デイサービスの運営方法

放課後等デイサービスは年々利用者が増加し、国からの予算も拡大を続ける注目のビジネスモデルです。しかし新規参入事業者が増え競争が激化する中で、本当に成功できるか不安な方も多いので[…]

放デイにおける大変な運営課題もこどもプラスのFCならしっかりサポート!

放課後等デイサービスの業務は、その名前から「放課後だけ福祉サービスを提供している」「障がい児の預かりだけをしている」などのイメージを持たれます。そのイメージのまま教室運営を始め[…]

放課後等デイサービスの人員配置基準と加算一覧|適切な取得方法も紹介

人員配置の知識を持つことは、放課後等デイサービスの運営を安定させる大きなポイントです。正しい知識を持ち、加算を効果的に取得できれば、収益を大幅にアップさせられます。しかし知識が[…]

児童発達支援管理責任者を採用する重要性と離職を防ぐ支援体制

放課後等デイサービスは、以下の人員配置を基準に運営されます。 教室の管理者(設置者) 児童発達支援管理責任者:専任・常勤で1名以上 児童指導員または保育士:2名(うち1名は常勤[…]

放課後等デイサービスで成功しやすいエリアとテナントの選び方

放課後等デイサービスに参入する第一歩は、出店エリアを絞り込み、物件探しを行うことです。需要がないエリアに開所したところで、運営はうまくいきません。見込み客が多いエリアの特徴を掴[…]

なぜつぶれる放課後等デイサービスが相次ぐのか?経営を誤る教室の特徴

現在、全国で特別支援教育を受けている児童は48万人を超えており、その数は直近の10年間で 増え続けています。 (参照:【参考資料】 特別支援教育の現状等|文部科学省) 2012[…]

制度開始から10年。放課後等デイサービスで生き残るたった1つの条件

放課後等デイサービスは、障害児通所支援と呼ばれる障害福祉サービスの1つで、6~18歳までの障害のある子ども達が、放課後や長期休暇に通える施設です。   2012年の制[…]

放デイは、子どもたちが社会の中で生きていく力を育てる事業です

今の時代は様々なツールがあり、 生活の中で苦手なことは無理をして頑張らなくても 何とかなることがとても増えました。 そんな中で、やはり社会の中でスムーズに 生きていくためには人[…]