会話がかみ合わないアスペルガー症候群も療育で会話が上達します。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-02-22

アスペルガー症候群などASDのある人の特徴として、
会話がかみ合わないということがあります。

例えば「お風呂のお湯見てきて」と言う場合、
その言葉の中には「いっぱいだったら止めて」という意味も
含まれているのですが、それを察することができないので
本当に見てくるだけ、ということになります。
他にも、社交辞令がいえない、親しくない人にもはっきりものを言う、
アイコンタクトや表情を読み取ることが苦手など、
コミュニケーションの面での困難さが多く目立ちます。

これらのことは良好な人間関係を築く上でとても障害になります。
そんなつもりはないのにいつも相手を怒らせてしまったり、
傷つけてしまったり、でもそれがなぜかがわからないのですから、
本人もどうしようもなくなり、悩んでしまいます。

アスペルガー症候群の症状の改善には、何よりも周囲の理解が必要です。
そして、適切な療育を受けることで必ず症状は改善し、
コミュニケーションも上達してきます。

私達も放課後等デイサービスの教室で様々な形で療育を提供していますが、
子ども達は皆見違えるように成長していきます。
それは何よりも本人の生きやすさにつながるので、
ストレスや不安も減り、かんしゃくやパニックもぐんと減ります。

発達障害に悩む子ども達を支援する教室を、フランチャイズで始めてみませんか。
ぜひ一度、私達にご相談ください。

Copyright(c) 2015 JCチャイルドのフランチャイズ All Rights Reserved.