最新情報・コラム

column

特性を理解し長所を伸ばす支援で将来の可能性を広げます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

「忘れ物が極端に多い」「順番が待てない」
「興味を引くものがあると授業中でも席を立って
歩きだしてしまう」
これらは、ADHD(注意欠如/多動性障害)の子ども達に
よく見られる症状で、「不注意」「多動性」「衝動性」の
特性からくる特徴的な行動です。

発達障害は生まれつきなので特性は元々持っているのですが、
ADHDの特性は幼児期のうちは割とどの子にもみられるような
行動が多く、なかなか早期に気付けない場合もあります。
小学校に上がる頃になると、他の子ども達はこうした行動が
なくなってきますが、発達障害が隠れている場合は
なかなかなくならないので、そのタイミングでADHDに気付く
というケースも多くあります。
ADHDでは知的な遅れはありませんが、こうした行動面での問題が
多くあるために、学校生活や学習面で支障があったり、
友人関係がうまく築けずトラブル続きになってしまったり
ということが起こってしまいます。

また、発達障害は他の障害と合併しているケースも多く、
最初はADHDと診断されていたが、後からASD(自閉症スペクトラム)
やSLD(限局性学習障害)でもあることがわかったという人も
かなり多くいるようです。
他にも、ADHDだと言われていたが実は違う病気だったという場合や、
病気ではなく睡眠不足や虐待を受けている場合なども
ADHDと似た症状が現れることがあり、
そういった場合には対処法が違ってくるので、注意が必要です。

ADHDでは、脳の実行機能と報酬系の機能がうまく働いていない
ことから、だめだとわかっていてもそう思うより前に
行動してしまい、行動の抑制が難しくなります。
また、少し待てばいいことがあるとわかっていても待てません。
これらは脳の特性によるものなので、叱ったり
無理に矯正しようとするのではなく、まずは環境調整から行い
子どもが自ら行動しやすくしてあげることが大事です。
そして、できたところや良いところなどはしっかりと褒め、
自分でできる対処法などを一緒に考えながら
将来的な自立に向けた支援をしていきます。

大事なことは、子どもの特性を理解し、その特性からくる
困り事に合わせた対応をしながら生き辛さを軽減させ、
良いところを伸ばしていく支援・サポートをすることです。
また、発達障害を持つ子ども達の特性はマイナスなこと
ばかりではありません。
例えばADHDでは、好奇心旺盛でエネルギッシュ。
奇想天外な発想を持っていたり、好きなことに対しては
ものすごい集中力を発揮するなど、しっかりとサポートしながら
良い方向に伸ばしていってあげれば、大きな可能性に
つながるような特性もたくさんあります。

いつも子ども達の先の姿を見据えながら療育支援を行い、
子ども達の将来の生活がより豊かでスムーズになるように、
そして夢や希望が叶うように支援をしていきたいと思います。

私たちが展開する放課後等デイサービスの教室では、
運動療育を主軸とした療育活動を提供しています。
ADHDの子ども達では、脳の活性が全体的に高すぎることで
多動性などの症状が現れる要因になっていますが、
運動によって脳の活性を適度な状態に近づけることができるため、
運動療育はとても効果の高い活動です。
こうした療育活動で脳に直接アプローチしながら、
1人1人の課題や育てたい力に合わせて働きかけをし、
着実にスキルアップを目指していきます。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は、
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る