最新情報・コラム

column

子どもの状態を正確に把握することが支援の第一歩です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害を持つ子ども達は、それぞれの持つ特性に
よって日々様々な困り事を抱えながら生活していて、
不安やストレス、疲労感を感じやすい状態です。
それらはなかなか他の人には伝わりにくく、
誤解されたり理解してもらえないことも多いのですが、
発達障害があると元々ストレス耐性が低かったり
自己肯定感も低くなりがちなので、
丁寧にサポートしてあげることがとても大切です。
また、自分の感情に気付きにくかったり
自分の気持ちを言葉にして相手に伝えることが
苦手ということも多いので、
支援をする側が気持ちを言語化してあげたり
代弁してあげるなどの対応も重要になります。

周囲に伝わりにくい子ども達の状態の1つ「疲れやすい」
という点で考えてみると、その要因になることが
いくつか挙げられるので、ご紹介します。
1つ目は、特性に多動性や衝動性がある場合です。
思考や行動のコントロールが効きにくいので、
必然的に活動量が多くなり日常的に費やしている
エネルギー量が、他の人よりも多くなってしまいます。
また、年齢が上がってくるとそうした衝動性を
コントロールするために神経をすり減らして
疲れてしまうということがあったり、
体の多動はなくなっても頭の中の多動は収まらず、
常に頭の中がフル回転で疲れてしまうということもあります。

2つ目は、過集中です。
1つのことにのめり込むと、時間も忘れて他のことが
一切何も入ってこないほどに集中してしまうので、
集中が切れた途端に電池切れのようになってしまうという
こともよくあります。
また、自分の体の状態を感じとることが苦手だと、
疲れていることが自覚できずにうまく休息をとることが
できないため、倒れるまで頑張ってしまうことがあります。

3つ目は、周囲や環境に合わせようとして
必死で頑張っているということです。
他の人が当たり前のように何気なくやっていることも、
発達障害のある人にとってはとても労力のいる難しいことで、
それをするために実は頭や体や心をフル回転させて
必死でやっているということがあります。
そんなことが日常の中にいくつもあれば、
気が休まらず心身共に疲れてしまいます。

4つ目は、感覚過敏です。
視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感の
いずれかまたは複数に過敏さがあることで、
少しの刺激でもストレスを感じやすくなり、
疲れが蓄積してしまいます。

5つ目は、睡眠の問題です。
発達障害を持つ子ども達のうち約半数が、
睡眠に関する何らかの問題や悩みを抱えていると
言われています。
睡眠不足になると1日の疲れをとることができにくいので
疲れが溜まっていき、それにより体や心、脳のON/OFFの
切り替えやコントロールも難しくなってしまいます。

こうした状態に適切に対応せずにいると、
そこから様々な問題やトラブルにつながりやすく、
療育の効果も出にくくなってしまいます。
それぞれの疲れの原因になっているものを見極め、
1つ1つに適切に対処していくことが必要になります。

自分で休むことができにくい場合は
時間や作業の区切りで休むように決めておいたり、
子どもの様子を見て休むように促したりします。
感覚過敏で辛い場合は、その刺激を取り除いたり
刺激から遠ざける、入らないようにするなどの
配慮を行います。
苦手なことを頑張りすぎて疲れてしまう場合は
本人はなかなか口にしないことが多いので、
できていても苦戦している様子だったり
時間がかかり過ぎていたりしないか、
しっかりと子どもの様子を見て汲んであげることが
必要になります。

このように、子ども達の困り感は目で見てわかるもの
ばかりではないので、話を聞いたりよく観察したりする
ことで正確に把握し、1つ1つに丁寧に対応していく
ことがとても重要です。

私たちも放課後等デイサービスの教室で
発達障害やその特性を持つグレーゾーンの子ども達、
その他障害を持つ子ども達に療育活動を提供していますが、
1人1人のニーズに合った療育が行えるように
その日の様子などもよく見ながら工夫しています。
誰にでも気分の浮き沈みはあり、学校や家庭でも
日々いろいろなことが起こるので、
頑張れる日があればそうでない日もあります。
長い目で見ながら無理のない範囲での活動が大切です。

また、不安やストレス、疲れ、悩みなどの原因を減らして
良い状態にしてあげることで、療育の効果も
上がりやすくなります。
子ども達が楽しみながら取り組めて、必要な力を確実に
身に付けていけるように工夫した療育プログラムを
提供していきます。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る