最新情報・コラム

column

広汎性発達障害の子どものサポートもできる放課後等デイサービス

広汎性発達障害は、発達障害の中でも社会性の発達の遅れを主な症状とします。

広汎性発達障害の症状は、療育で軽減できる

自閉症やアスペルガー症候群などが含まれ、
いずれも周囲のサポートがなければ生活が困難だったり、
精神的ストレスから二次障害を併発してしまうこともよくあります。

発達障害の症状は、症状に合った教育や療育を受けることで軽減します。

症状が軽くなれば日常生活もしやすくなり、
ストレスも減り、うつ病やパーソナル障害などになる確率は減ります。

【関連記事】

広汎性発達障害と診断された子どもに早期療育の提供が求められる理由

『こどもプラス』は運動療育で脳機能を上げる放デイ

私たち『こどもプラス』の放課後等デイサービスでも、
療育カリキュラムとして柳沢運動プログラムを提供し、
脳機能を上げて日常生活のレベルを上げてあげられるように活動しています。

このプログラムを継続して行っていくことで、
脳の前頭葉が活性化し、集中力や抑制力などが身に付いていきます。

ADHDや自閉症などで集中がしにくいといった子どもたちにも
効果があることがわかっています。

子ども達の5年後10年後のために、ぜひサポートをしていきましょう。

【関連記事】

脳の前頭葉を活性化させる「運動療育」を放課後等デイサービスで提供

 

個別説明会でご相談ください!

当社では加盟をご検討くださっている方を対象に、個別の事業説明会を実施しております。
お一人様ずつご予約制にて対応させていただきますので、疑問点、ご不安な点について、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る