最新情報・コラム

column

発達障害の子どもが起こす問題と改善方法

発達障害児は、自律神経の機能が弱いために、様々な症状ができます

発達障害の子どもに見られる症状

具体的な症状として

  • めまい
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 便秘

などが挙げられます。

血圧が高い原因も発達障害にあることがあります。

このように慢性的なストレスに悩まされていることが多いので、
少しでもストレスを緩和させてあげられるようにサポートが必要です。

【関連記事】

発達障害で原因不明の体調不良が続くときの改善方法

発達障害をもつことで起きる問題

また、集中、想像、抑制などの能力も弱いので、
幼稚園などで他害行為をしてしまうこともよくあります。

これは社会生活をしていく上でも大きな問題になりますので、
早期に対応し、改善してあげたいところです。

集中、想像、抑制に関する力は脳の前頭前野が司っています。
つまり、前頭前野を鍛えることによって様々な症状が改善できるということです。

【関連記事】

前頭前野を活性化させる取り組みで、発達障害の症状を改善

運動療育によって症状・問題を改善していこう

私たちは脳機能を向上させることが実証されている運動プログラムを使って、
放課後等デイサービスのフランチャイズで療育を行っています。

楽しく体を動かすことで脳機能をアップさせ、
成功体験を増やすことでやる気や達成感を得る。

それが日々の生活で役立つ力になります。
何よりも楽しく取り組めるのが魅力です。

【関連記事】

脳機能を向上させる効果が認められた運動療育プログラムとは

個別説明会でご相談ください!

当社では加盟をご検討くださっている方を対象に、個別の事業説明会を実施しております。
お一人様ずつご予約制にて対応させていただきますので、疑問点、ご不安な点について、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る