最新情報・コラム

column

ADHDは脳の報酬系の機能が弱い傾向にあり適切な関わりが必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

最近では、発達障害児と定型発達児の脳には違いがあることが
わかっていますが、ADHDの子ども達は脳の報酬系の働きが
弱いといわれています。

ADHDの子どもを褒めても良い行動の動機付けにならない

例えば定型発達の子は、良い行動を言葉で褒められると
嬉しいと感じ、良い行動の動機付けになります。

しかしADHDの子は、言葉で褒められただけでは喜びを感じにくく、
なかなか次につなげていくのが難しいということがあります。

報酬系を通したADHDの病態理解に関する研究の1つでは、以下のように考えられています。

ADHDの病態モデルに報酬系回路を含めることで,

  • 報酬の強化が低下し報酬を魅力的と感じる効果が持続しない
  • 遅れて得られる報酬を待つことが出来ず衝動的に代替行動を起こす(遅延回避)
  • 短期的に報酬を得る選択肢がない場合は他の事象に注意を逸らして「待つ」感覚を紛らわそうとする

(引用:1.報酬系を通した注意欠如・多動性障害の病態理解|日本生物学的精神医学会誌 22 巻 4 号

ADHDの特性に合わせてやる気を高める方法

ADHDの子ども達を褒める際は、行動特性を理解した上で、適切な伸ばし方をしなければなりません。

ただ言葉で褒めるだけではなく、約束を守れたり、ゴールを達成したり
何かができりした時には目に見える形でシールやご褒美をあげて、
やる気を高めることが、有効な方法の1つです。

この方法では、目標を立ててそれに向かって行動するということの
練習にもなるので、個々に合わせた方法で
うまく取り入れることがおすすめです。1度では印象に残らないため、繰り返して行いましょう。

私達は放課後等デイサービスの教室で、主にASD(自閉症スペクトラム)、
ADHD、LD(学習障害)など発達障害やその特性を持つ子ども達に
療育活動を提供しています。

療育では、本人が無理なく自主的に取り組めることが大切で
効果を高めるポイントにもなるので、
私達の教室では子ども達が遊び感覚で楽しく行なえる
運動あそびを中心に療育活動を行なっています。

また、学習サポートにも力を入れていて、運動と学習を効果的に
組み合わせることで集中力を上げ、学習効率を上げています。

私達の教室は、全国にフランチャイズ展開しています。

子ども達を支援サポートする放課後等デイサービスの
フランチャイズでの教室運営に興味をお持ちの方は、
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

【関連記事】

ADHDの子どもは脳機能を上げて根本的な改善をすることが必要

個別説明会でご相談ください!

当社では加盟をご検討くださっている方を対象に、個別の事業説明会を実施しております。
お一人様ずつご予約制にて対応させていただきますので、疑問点、ご不安な点について、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る