最新情報・コラム

column

発達障害の子どもの「完璧主義」原因と周りの関わり方

発達障害の子ども達の中には、完璧主義という特性がある場合があります。

発達障害の子どもの「完璧主義」とは

完璧主義とは、すべてを完璧にしなければ気が済まない性格のことです。適当に力を抜けず、100%の完成度を追究することを指します。

完璧主義の子どもは理想が高く、他人から承認されることに価値を置きます。とくに以下のような特徴が見られます。

  • 自意識過剰
  • 強い承認欲求
  • 強い責任感
  • プライドが高く頑固
  • 完璧にできることだけを行う

こういった症状は4~5歳くらいから顕著になってきます。

完璧主義の子どもが抱える問題

完璧主義の特性を持っていると、どういった問題があるのでしょうか。

勉強でも遊びでも、何でも完璧にできなければ満足いかず、納得ができません。

その結果、かんしゃくを起こしたり自分を責めたりするようになります。さらに、新しいことに挑戦できない、失敗を恐れて行動できない、などの問題を抱えやすくなります。

子どもの能力・学力の向上や情緒の発達に大きな影響を及ぼすことになります。また、自分だけでなく他の人にも完璧を求めるため、人とのトラブルの原因にもなるでしょう。

完璧主義は、白黒思考・二極思考と呼ばれることもあります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事:発達障害特性による白黒思考・二極思考は生き辛さの要因になります。

完璧主義の原因は先天的な脳の障害

完璧主義は、とくにASD(自閉症スペクトラム)の子どもに多く見られます。

ASD(自閉症スペクトラム)の最大の特徴は、こだわりが強いことです。また興味・関心のあることが限定されることもあり、偏ったルールや理想の高い水準を自分に設けます。

完璧主義の原因は、先天的な脳機能の障害です。親の教育やしつけが厳しくて、完璧主義になると言われることもあります。

しかし、発達障害の場合は脳機能異常が完璧主義に大きく関わっています。

生まれつきみられる脳の働き方の違いにより、幼児のうちから行動面や情緒面に特徴がある状態です

引用:発達障害|厚生労働省

完璧主義のまま大人になると、社会生活を送ることが難しくなります。なぜなら、柔軟性を求められることのほうが多くなるためです。

子どものうちから、どういった向き合い方をしていけばいいのでしょうか。

関連記事:ASD(自閉症スペクトラム)のこだわり行動|理由に応じた対応で改善していきます。

完璧主義との向き合い方

発達障害による完璧主義は、脳の特性なので簡単に考え方を変えることはできません。

少しずつ完璧でなくても良いことを伝えていくこと、
そして本人の気持ちに寄り添いながら支援していくことが必要です。

たとえば、勉強では、最後までやり遂げるのではなく、制限時間を設けて、その時間までにできた内容を先生に提出・報告することが有効です。

ほかにも、成果ではなく、まず新しいことに挑戦できたことや、努力したことや工夫したことを丁寧に褒めるのも良い方法でしょう。

できないことがストレスで、癇癪やパニックが起きたときは、まずは気持ちを落ち着かせてあげてください。

思考の柔軟性を育むなら「こどもプラス」

私達は放課後等デイサービスの教室で、発達障害特性を持つ子ども達に
運動療育を主軸とした療育活動を提供しています。

個々に合った療育を受けながら、思考の柔軟性を身につけたり
臨機応変に対応する力を身につけ、日常生活を送りやすくしていきます。

このように、発達障害特性によって日常生活に様々な困難を感じている
子ども達を適切な療育でサポートしていくことで、生活に必要な様々なスキルを
身につけ、不安やストレス、困難を減らしていくことができます。

子ども達を支援・サポートする放課後等デイサービスの教室を
フランチャイズで始めたい方は、ぜひ私達にご相談ください。

個別説明会でご相談ください!

当社では加盟をご検討くださっている方を対象に、個別の事業説明会を実施しております。
お一人様ずつご予約制にて対応させていただきますので、疑問点、ご不安な点について、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る