最新情報・コラム

column

「動ける体」が子どものあらゆる発達を促します。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

今の子ども達の多くは、通常の日常生活の中だけでは
十分に体を動かすことができていません。
生活環境のあらゆる場面で、そして遊びの場面でも
体を動かさなくてもできることが増えているため、
大人も子どもも慢性的に運動不足になっている人が
多くなっています。

運動不足の状態が続くと、私たちの体・心・脳には
様々な悪影響が出てくるようになります。
基礎体力や筋力の低下、肥満、生活リズムの乱れ、自律
神経の乱れ、感情コントロール力の低下などが起こり、
疲れやすい、やる気や意欲の低下、転びやすい、姿勢を
保っていられないなどの症状や、ぼーっとしていたり
キレやすい、集中力がない状態、そして様々な体調不良
にもつながってきます。

また、友達と一緒に遊ぶ機会が少ないことで仲の良い
友達ができにくかったり、人間関係の構築がうまくでき
ない、集団遊びが苦手という子も多く、障害の有無に関わ
らず友達とうまく遊べないという子が多くなっています。
発達障害やその特性を持つ子ども達では、特にゲームなど
1つのことに熱中・依存しやすかったり、体を動かすこと
に苦手さがあって外遊びは敬遠しがちだったり、
友達とうまく遊べないなど特性による様々な理由から、
より運動不足や経験不足になりがちです。

こうした運動不足や経験不足の状態が続くと、「ボディ
イメージ」の形成にも影響があります。
ボディイメージとは、自分の体の大きさや輪郭、そして
どこをどう動かすとどんな動きができるかなどを把握
する力です。
日常生活の中でも、人混みの中を人にぶつからないように
歩いたり、考え事をしながら階段を下りたりすることが
スムーズにできるのは、このボディイメージができて
いるおかげです。

ボディイメージは初めから備わっている力ではなく、
経験の中で獲得していく力です。
そのため、小さいうちは何かをくぐろうとして頭をぶつけ
たり、着替えがうまくできなかったり、踊りがぎこちな
かったりするのです。
これが成長と共にスムーズに体を動かせるようになって
いきますが、発達障害やその特性を持つ子ども達では
このボディイメージが発達しにくい傾向があり、
そこから動きのぎこちなさや不器用さにつながって
しまうことがあります。

ボディイメージの発達を促すためには、やはり実際に体を
動かす経験がとても重要になります。
高さのある所や狭い所、障害物のある所など多種多様な
体の使い方ができる場所でたくさん遊ぶことで、少しずつ
体のイメージがつかめて動かし方がわかっていきます。

子ども達は遊びの要素があることで取り組みやすくなる
ので、私たちの運動療育では「運動あそび」を用いて
楽しみながら力をつけていけるようにしています。
発達段階や運動能力など個々に合わせて調整できるので、
どんなお子さんでも安心できるプログラムです。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

 

個別説明会でご相談ください!

当社では加盟をご検討くださっている方を対象に、個別の事業説明会を実施しております。
お一人様ずつご予約制にて対応させていただきますので、疑問点、ご不安な点について、お気軽にご相談ください。

一覧へ戻る