最新情報・コラム

column

子どもの将来を見据えた療育支援と選択が重要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害を持つ子ども達は、主に対人関係やコミュニ
ケーション面、学習面での困難さがあり、学校生活など
社会生活の中では苦労をすることが多くなります。
そのため、今の小中学校では1人1人が適切な配慮や支援を
受けながらスムーズな学校生活が送れるように、
特別支援学校や特別支援学級、通級などを利用することが
ほとんどです。

自分の特性に合ったサポートがあることで、日常生活が
送りやすくなって不安やストレスが減ったり、学習面でも
個々の認知特性や理解速度、興味などに合わせた授業に
なれば安心して学校に通うことができます。
中学校卒業後も支援を受けることはできますが、高校選択
の際にはよりその後の進路も考えながら選択していく
ことになります。
その先の就職を考えた時にも、例えば「一般採用枠」なのか
障害者手帳を取得して「障害者採用枠」にするのかなど、
ライフステージごとに様々な悩みが出てくると思います。

将来の生活のことを考えた時に、発達障害を持つ人達の
就労先の相談ができる場所は、
ハローワーク、障害者職業センター、発達障害者支援
センター、障害者就業・生活支援センター、地方自治体の
就労支援事業所など様々な機関があります。
どこに相談するかは自由ですが、発達障害では知的障害が
ない場合も多く、一見するとあまり困り事がなく普通に
働けるのではと思われてしまうこともあるので、丁寧に
相談に乗ってもらえて、個々のニーズを推し量ってくれる
ような相談機関の選択が大事になってきます。

例えば、学力は問題がなくても特性によって生活リズムが
崩れていたり、二次障害があって治療をしている途中
だったり、不登校で長く家に引きこもりがちで社会経験
が乏しかったりすると、すぐに働けない場合もあります。
人によっては、就労先でも支援や配慮が必要だったり
するので、そういったことをよく話し合って自分に合う
就労先を探していくことが大事になります。
また、継続につながるような就労後のケアも大切です。

私たちの教室では、子ども達の療育活動を長期的な
視点で見ながら行い、それぞれのライフステージごとに
最も最適な支援サポートができるように考えています。
まずは今抱えている困り事をなくして、その子の得意な
分野や持っている力を引き出し伸ばすこと、
そして生きていくために必要な力をしっかりと育てながら
将来の姿につなげていきます。

そのためには、子ども自身が療育に興味を持って楽しく
取り組み、しっかりと継続していけることがとても大事に
なってきます。
私たちの教室では、運動あそびを中心とした療育活動を
1人1人の特性・発達段階・興味などに合わせて提供しながら、
無理なく楽しく能力アップを目指していきます。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る