最新情報・コラム

column

放課後等デイサービスには様々な役割や意義があります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

放課後等デイサービスは、障害のある就学児が学校の
授業が終わった後や長期休暇中に通うことができる
施設です。
支援が必要な子ども達の生活能力の向上や、社会との
交流の促進などを目的として、事業所ごとに様々な療育
プログラムを提供しています。

放課後等デイサービスのスタッフ構成は、児童発達支援
管理責任者が1人、保育士または児童指導員が1人以上、
その他の業務を行う管理者が1人というのが基本です。
児童発達支援管理責任者とは、放課後等デイサービスに
通う子ども1人1人に個別支援計画を作成し、適切な支援が
行われるように管理をするのが仕事です。
この児童発達支援管理責任者は、法令で定められている
基準をクリアしていて、なおかつ必要な研修を受けて
各都道府県から資格を付与された人しかなれません。
保育士は、国家資格を持っていて実際に子どもへの
療育を行う人です。
児童指導員も子どもへの療育を行います。
児童指導員という資格があるのではなく、いくつかの
条件のうちいずれかを満たした場合に、任用資格があると
認められます。
その他の管理者は、人材管理や設備の管理などを行います。

放課後等デイサービスの利用回数は一定ではなく、
人によって異なります。
子どもの状態や家庭の状況、また本人や家族の利用意向
なども踏まえて受給者証の申請時に審査が行われ、
1か月に通える日数の上限が決められます。
また、障害児通所給付費の対象になるサービスなので、
国と自治体から利用料の9割が給付され自己負担額は
1割になります。
利用料は利用日数に応じて発生しますが、こちらも上限が
決められていて、多く利用してもその金額以上の負担は
ありません。

放課後等デイサービスは、障害がある子どもが必ず
通わなければいけない場所ではありませんが、学校や家庭
とは異なる環境で様々な経験や体験を通して個々の成長
発達が促され、生活力や学力の向上にもつながっていくなど、
子ども達の成長に欠かせない様々な目的がある場所です。
また、普段世話をしている家族のレスパイトケアとしての
役割も放課後等デイサービスにはあります。
レスパイトとは休息や小休憩といった意味で、お子さんを
一時的に預かることで、普段世話をしている家族が休息を
とりリフレッシュできる機会を作ることです。
お子さんが放課後等デイサービスに行っている時間に
家事を済ませたり、他の兄弟との時間に使ったり、
自分の時間を作ったりすることで、気持ちに余裕ができて
また子どもと前向きに関われたりするものです。

放課後等デイサービスに限らず、子ども達の困り事や
生き辛さの改善のために最良の選択をしてあげる必要が
あります。
私たちの教室では、1人1人のお子さんに合った楽しく
効果的な運動療育を提供し、ご家族と一緒にお子さんの成長
を喜び合いながら日々の活動を行っていきます。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る