最新情報・コラム

column

放デイは診断がなくても利用でき早期療育につながります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

放課後等デイサービスは、2012年の児童福祉法改正に
よって位置付けられた福祉サービスの1つで、障害の
ある就学児が学校が終わった後や長期休暇中などに、
通うことができる施設です。
それ以前は、未就学児と就学児が一緒に通う形のサービス
でしたが、2012年の法改正で未就学児が通う「児童発達
支援」と、就学児が通う「放課後等デイサービス」という
ように分かれました。
就学児とは、小学校~高校に通っている児童で、
年齢で言うと6歳~18歳です。
ただ、18歳以降で引き続き支援を受ける必要がある
場合には、満20歳まで利用継続することも可能です。

現在、放課後等デイサービスを行っている事業所は多く、
それぞれの教室によって施設の設備や提供している内容、
目的などは異なります。
大きく分けると「学童保育型」「習い事型」「療育型」
といったタイプがあります。
また、放課後等デイサービスの対象になるのは障害のある
児童とされていますが、障害者手帳や療育手帳は必ずしも
必要ではありません。
手帳がなくても、困り事があり支援の必要性が認められれば
市町村自治体から受給者証が発行され、通所の申し込みが
できます。

放課後等デイサービスに通うことで、それぞれの困り事に
対して療育を行ったり、ソーシャルスキルトレーニングで
対人関係やコミュニケーションスキルの向上を目指したり、
日常生活での食事や着替え、整理整頓など基本的な生活に
必要な能力の獲得などを目指すことができます。
また、学習に必要な能力の獲得や、就労を見据えた専門的な
支援を行っている施設もあります。
私たちの教室では、これらの幅広い支援を1人1人のニーズに
合った形で提供していくことで、今や近い未来の困り事の
改善、そしてそこから将来の充実した豊かな生活につなげて
いけるようにサポートしています。

困り事や生き辛さに対しては、できるだけ早い段階で気付き
対処していくことが何より大切で、それが早期に子どもの
不安やストレスを減らすことになり安心して生活を送れる
ようになったり、新たなスキルを身に付けやすくしたり、
また、大きな問題になることを未然に防ぐことにも
つながります。

発達障害があるとその症状や兆候は幼児期から出ているので、
早期に相談から支援という形につながることが望まれます。
放課後等デイサービスは就学児からの利用ですが、
児童発達支援は幼児期のお子さんが利用することができ、
こちらも障害者手帳などは必須ではありません。
年齢が上がるにつれてお子さんは困り感が増幅したり
精神的にも悩みやすくなってしまうので、子ども達の将来の
ために支援とサポートを充実させていきたいと思います。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る