最新情報・コラム

column

いろいろな支援制度で子ども達を長期的にサポートできます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

年度も後半に入り、来年度の就園や就学を控えて
いるご家庭では、少しずつ準備や心構えも始まる
時期になってきました。
そんな中発達面が気になるお子さんでは、集団生活の
中でスムーズに生活できるのか、友達とうまくやって
いけるのか、勉強についていけるのかなど
心配事が尽きないかもしれません。
また、そういう場合はどんなサポートが受けられる
のかなども気になるところだと思います。

幼稚園や保育園では、自治体や園によっても違いますが
「加配制度」によってサポートの先生がついたり、
「障害児保育」を実施しているところもあります。
加配制度とは、他の子と同じように園生活を送ることが
難しいお子さんに大人がついて、生活面や集団参加
などの面でサポートをしてくれる制度です。
保護者からの申請で加配をつけられる園が全体の約4割、
申請がなくても保育所独自に加配を行っているケースが
2割程度あるとされています。
申請を出しても、実際に加配をつけられるかどうかは
園によっても異なります。
障害児保育も、自治体や園によって受け入れ基準や
人数などが異なるので、事前の確認が必要です。

その後小学校で受けられる支援としては、
特別支援学校、特別支援学級、通級制度を利用して
必要な支援が受けられます。
また、通常学級の中で個別にサポートが受けられる
場合もあります。
その場合は、「加配」「補助教員」「支援員」など
いろいろな役割の大人が入り、サポートしてくれます。
事前に相談をしながら、その子のニーズに合った形で
支援が受けられるように整えていくことが大事です。

また、入園前であれば児童発達支援を利用して早期に
療育を始めておくことで、その後そこまで支援が
なくてもスムーズに生活が送れるようになったり、
お子さん自身の不安やストレスを減らすことにも
つながるので、とても大切です。
小学校入学後なら、放課後等デイサービスで療育を
受けることができます。

私たちの放課後等デイサービスの教室にもたくさんの
子ども達が通っていますが、療育を始めてから
できることが増えて自信がついたり、いろいろなことに
興味が持てて楽しめるようになり、日々子ども達の
笑顔が増えていくのを実感しています。
心や体が良い状態になると、療育の効果も上がります。
大人からすると、身に付けて欲しい力はたくさんある
のでつい焦ってしまいがちですが、子ども達は成長する
力を持っているので、そこに手助けをしてあげながら
将来につながる良い方向に伸ばしていってあげることが
大事になります。

今や将来の生活を充実させ自分がやりたいことを
楽しむためには、それに必要な基礎力、土台となる力が
備わっていることが必要です。
しっかりとその子に必要な力を見極めながら、
長期的な視点で支援サポートをしていきたいと思います。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る