最新情報・コラム

column

脳の特性を活かした効果的な療育を行います。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

私たちの日常生活の中では、日々膨大な量の情報が
脳に絶え間なく入ってきています。
それらの情報を脳は寝ている間に整理し、取捨選択を
して定着させていきますが、入ってくる情報の中には
残したい情報と残さなくても良い情報があります。
例えば、今日すれ違った車の色や自分に関係のない
会話の内容などは残さなくて良い情報ですが、
友達との約束や社会のルール、学校で習った勉強などは
残しておきたい大事な情報です。

しかし、脳は基本的に忘れるようにできているので
残さなければいけない大事な情報については、
忘れないようにする条件を満たさなければ
どんどん忘れていってしまいます。
忘れないようにするための条件としては、
まず1つ目に「印象深いこと」です。
やはり、強いインパクトや驚きがあったことは
なかなか忘れません。
2つ目は「繰り返すこと」です。
何度も繰り返すことでしっかりと記憶に刷り込まれて
いきます。
3つ目は「好きなこと」です。
自分が好きなことや興味があることに関係している
情報は、記憶に残りやすくなります。

なので、子ども達にはこれらの条件を満たしながら
学習や療育を提供してあげることで、より効率の良い
活動にしていくことができるのです。
まずは、その子の興味があることを主軸にして考えて
あげることが大切です。
興味がないのにやらせてしまうと、大人に言われて
やっているだけなので言わなければやらなくなり、
嫌なことを繰り返すことでどんどんそれが嫌になって
いってしまいます。
また、例え好きなことや得意なことであっても
時には気分が乗らなかったり、学校で嫌なことがあって
落ち込んでいる日や、疲れている時などはやりたくない
こともあります。
そこで無理強いさせてしまうことのないように、
私たちの教室ではいつも子ども達の様子をよく見ながら
配慮するようにしています。

療育活動では特に、子ども達それぞれの特性はもちろん
のこと、興味や得意、好き嫌い、その日の様子などを
常に反映させて関わっていくことで、子どもの感じる
ストレスを極力なくし、楽しい活動の中で効果的な
療育を目指せるようにしていきます。

教室でメインに行なっている運動療育では、そういった
要素の他に1人1人の発達段階や運動能力に合わせて提供
していくので、無理なくたくさんの成功体験を積み重ね
ながらステップアップしていくことができます。
成功体験や達成感は自信につながっていき、今後の全ての
活動に良い影響を与えることができるので、
子ども達の先の姿までしっかりと見据えながら
継続的な支援を行っていきたいと思います。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る