最新情報・コラム

column

療育による発達の実現や生活の充実で子ども達をサポートします。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

「障害児通所支援」は、児童福祉法に基づいて行われて
いる事業です。
その内容は
・児童発達支援(障害がある0~6歳の未就学児)
日常生活における生活能力の向上のために必要な
訓練を受けたり、社会との交流の促進などを行う。
・医療型児童発達支援(上肢・下肢又は体幹の機能障害
がある児童)
治療及び児童発達支援を行う。
・放課後等デイサービス(6~18歳の就学児童)
学校の授業終了後や休日に、日常生活における生活
能力の向上のために必要な訓練を受けたり、社会との
交流の促進などを行う。
・保育所等訪問支援
障害がある児童が通っている保育園や幼稚園を訪問し、
園においての他の児童との集団生活での適応のために
必要な専門的な支援などを行う。

上記のような種類に分かれていて、支援を必要として
いる子ども達が、学校や家庭とは違う体験や経験を
通して豊かに成長していけるように、自分に必要な
発達支援を受けられるようになっています。

私たちが主に展開する放課後等デイサービスは、
子ども達にとって学校・家庭に次いで第3の生活の場に
なります。
そのため、子どもの発達の実現だけではなく、生活の
充実という面も担っていくことが大切だと考えます。
やはり子ども達の健全な成長発達には、充実した遊びや
様々な文化活動、スポーツなどの豊かな生活が必要です。
療育の中には、そうした活動も積極的に取り入れていく
ことが大切です。

私たちの教室では、子ども達が多種多様な経験を通して
個々のペースで無理なく成長していけるように、
最大限の工夫をしながら療育活動を行なっています。
療育の主軸としているのは、運動あそびによる
「運動療育」です。
運動することも、子ども達の心身の発達のためには
欠かせません。
ただ、運動といっても訓練やトレーニングのようなもの
ではありません。
あくまでも、子ども達が楽しく体を動かして行うことが
ベースの「運動あそび」で、内容も0歳から取り組めて
年齢や発達段階に応じて調整可能な幅広いものに
なっています。

私たちの運動プログラムに取り組むことで、子ども達は
自分の発達段階や持っている特性、興味などに合った
運動療育を受けることができ、自ら楽しみながら能力
アップやスキルの習得をしていくことができます。
楽しい活動の中で自然に力をつけていくことができる
ので、ストレスも少なくとても効率の良い療育活動に
なるのです。
そうすると子ども達は生活がしやすくなったり、
できること、わかることが増えるので自分に自信が持てる
ようになっていきます。
子どもの育ちに欠かせない自信や自己肯定感をしっかり
育み、スムーズな成長を促していくことを大事にしています。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る