最新情報・コラム

column

発達性協調運動障害に対しても早期療育が重要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

「発達性協調運動障害(DCD)」とは、骨や筋肉など
個々の運動機能には問題がないにも関わらず、
全身運動(粗大運動や微細運動)がスムーズに
行えないという障害です。

日常生活の中では、「服のボタンが留められない」
「箸が使えない」「靴紐が結べない」「転びやすい」
「自転車に乗れない」など多くの苦手や困り事があり、
学校生活の中でも、「縄跳びやボール運動、体操などの
体育につながる協調運動の苦手さ」
「楽器演奏や工作などの音楽や図工につながる協調運動
の苦手さ」があったり、
文房具などがうまく扱えないことで学習面への影響も
出てきてしまうことがあります。

ただの不器用や経験不足と思われがちで、
少し前までは何も対処がされないことが多かったと
思いますが、最近ではこうした子ども達は、支援が
必要な「発達性協調運動障害」の可能性があるという
ことがわかり、少しずつ認知も広がりつつあります。
また、発達障害との合併も多いと言われていて、
診断はされていなくてもその傾向があるという子は
とても多くいると言われています。

しかし、まだまだ「発達性協調運動障害」についての
認知度は低く、子どもが日常生活の中で困り事を
感じていても、支援はおろか受診にすら至っていない
というケースも多いのが現状です。
子どもにとって日常生活でできないことが多かったり、
遊びや運動の場面でもうまくいかないことが多いという
ことはとても大きな悩みの種になります。
それによって、いろいろなことに対してやる気や向上心が
持てなくなってしまうだけでなく、どんどん自分に
自信をなくしていってしまいます。

子ども達の成長においては、新しいことに挑戦したり
できなくても前向きにチャレンジしてみるという気持ちが
持てることはとても大事なことなので、
早い段階で気付きサポートをしていくことが大切です。
その時には、その子の苦手や困り事、そしてその原因を
しっかりと把握し、適切な支援やサポートを行うことが
必要ですが、通常学級の中ではなかなか個々へのサポート
までは行き届きません。
中には、未だに質より量というやり方で苦手を
乗り越えさせようとしてしまうような指導もあるかも
しれませんが、発達に課題のある子ども達には
そうしたやり方は最も向きません。

1人1人の苦手の原因や特性、性格、興味や得意なこと
などに合わせたやり方で、しかも楽しみながら行うことが
大事なポイントになります。
そうすることで、できるだけ失敗経験を少なくして
成功体験を多く積み重ねながら、自分のペースで
スキルアップできるように指導をしていくことができます。

私たちが行う運動療育の中ではこうしたことを常に
念頭に置き、1人1人に最も合う方法で子ども達が療育に
自主的に楽しく参加できるように工夫しています。
楽しい活動の中で、日常生活や学習面、人間関係の構築
などに必要な多くのスキルを着実に育てていきます。

私たちの放課後等デイサービスの教室は、全国に
フランチャイズ展開して幅広い支援を行っています。
教室の運営に興味をお持ちの方は、ぜひ下記まで
ご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る