最新情報・コラム

column

効果的な療育カリキュラムで子どもを最大限に伸ばします。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

放課後等デイサービスは、小学校入学後の
6歳から18歳頃までの支援を必要とする
児童が通い、療育を受けるための施設です。
未就学児は、放課後等デイサービスではなく
児童発達支援を利用することになります。

児童発達支援には、児童発達支援センターと
児童発達支援事業所の2種類があります。
児童発達支援センターは、通所支援の他に
その地域で障害のある子ども達やその家族への
支援を行ったり、保育園や幼稚園などとの
連携や相談、支援も行なっています。
児童発達支援センターが地域の中核となる
障害児の専門施設として、障害の種類を問わず
適切な支援が受けられるようになっていて、
量よりも質という意味合いがあるのに対して、
児童発達支援事業所は、障害のある子ども達が
できるだけ身近な地域で療育に通いやすいように、
各地域に多く設置されています。

児童発達支援も放課後等デイサービスも
手帳の有無に関わらず、児童相談所、市町村
保健センター、医師等に必要と認められれば
市町村から受給者証が発行されて利用することが
できます。
その形態は、保育園や幼稚園の代わりとして
通園タイプの事業所に毎日通うものから、
習い事のように週に数回という形で通うものまで
様々です。
そのお子さんの状況や保護者の意向、家庭の
環境などを考慮した上で決定されていきます。

障害があったり何かしらの特性を持ち併せて
いて、日々の生活の中で多くの困り事を
抱えている子ども達にとっては、やはり早期の
気付きと支援が必要です。
事業所によって提供している療育は様々な
種類のものがあり、子どもごとの個別の支援計画
に応じて、言語聴覚訓練などの必要な
トレーニングを受けられる場合もあります。

私たちの教室では、運動療育を主軸とした
療育活動の中で、専門的な知識を有した職員が
言葉の発達、コミュニケーションや社会性の
トレーニング、日常動作の向上や生活力向上
などを目指して、1人1人に合わせた療育を
提供しています。
運動を療育の主軸としている理由は、
やはり体を動かすことが子ども達の体と心と
脳の成長発達において、欠かすことの
できないものだからです。

まず、運動量は会話量と比例しているので、
運動あそびをしながら自然に語彙力や
コミュニケーション能力を高めていくことが
でき、さらにそこから友達を思いやることや
協力すること、一緒に遊ぶことの楽しさなども
経験として身に付けていくことができます。
また、運動あそびでは体の基礎的な運動能力や
基礎筋力をしっかりと身に付けられるので、
日常生活での動作の向上や怪我の予防にも
つながります。
子ども達が安心して楽しく通いながら、
将来に向けた生きる力をしっかりと身に付けて
いけるように、サポートを続けていきたいと
思っています。

私たちの教室は、全国にフランチャイズ展開
しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味を
お持ちの方は、ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る