最新情報・コラム

column

子どもが学びやすい環境を整えることが大人の役割です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

お子さんの学校生活や教育環境については、
現在学校に通われている場合も
これから先就学を控えているという場合も
とても悩まれる保護者の方は多いと思います。

まず、発達障害など障害を持つ子ども達が
小学校に入学する際の選択肢は4つあります。
通常学級、通級、特別支援学級、特別支援学校の
中から、その子に合った教育環境を選択します。
特に明確な基準はなく、障害が軽度の場合は
通常学級や通級、より専門性の高い支援が必要な
場合は特別支援学級や特別支援学校というように
なっています。
子どもにとって一番良い教育環境はどこなのか、
本人と保護者、専門の就学相談員が相談しながら
決めていきます。

お子さんの障害の状態や、必要な教育的ニーズ、
保護者の意見や専門家の意見など様々なことを
考慮して選択していきますが、
最も大事なことは子どもが不安なくのびのびと
過ごしながら、充実した学校生活を送れる環境を
選択してあげることです。

発達障害を持つ子ども達は、それぞれに様々な
特性を持ちそれによる困り事を抱えているので、
学校生活の中でも多くの困難が起こります。
例えば、
・耳からの情報収集が苦手で集団行動に
うまく参加できない。
・ざわざわした場所が苦手で体育館での集会や
場合によっては教室の授業も辛い。
・長い時間じっとしていられないので
45分間座ったままの授業は苦痛。
・姿勢を保持することが苦手で椅子に座って
いるだけで精一杯になってしまう。
・気を付けているのに忘れ物がなくならない。
・黒板の文字をノートに書き写すのに
とても時間がかかり間に合わない。
・抽象的だったり曖昧な表現だと理解できない。
・相手を怒らせたり不快にさせてしまうことが
多いけれど、理由がわからない。
・自分の興味のある話題になると話が止まらなく
なってしまい、周囲にひかれてしまう。
・体の動かし方がぎこちなく、遊びや運動が苦手。

など、生活面、学習面、運動面、対人関係や
コミュニケーション面などでいろいろな困り事が
あります。
こうした困り事に適切に対処しないでいると
学校生活での不安やストレス、苦痛が多くなり、
不登校などの二次的な問題につながりやすくなって
しまいます。

困り事に対しては、学校だけでなく家庭や
放課後等デイサービスなどでの療育もとても
大切になります。
療育を受けることで特性がなくなるわけでは
ありませんが、困り事が軽減したり自分なりの
回避方法、対処法などを身に付けることが
できるようになってきます。

私たちの放課後等デイサービスの教室では
1人1人に合った療育活動を提供し、
まずは安心して毎日をスムーズに送れるように
サポートしながら、未来ある子ども達の生きる力を
着実に伸ばしていきたいと思います。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は、
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る