最新情報・コラム

column

子ども達を伸ばすのは個々に合ったサポートです。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害がある子や、その特性を持つ子ども達では、
特性によって生活面だけでなく学習面でも
つまづきやすく、頑張ってもうまくできない・
理解が難しいことから勉強に苦手意識を持って
しまったり、勉強自体を嫌いになってしまうことも
少なくありません。

例えば、
「文字の読み書きが苦手で、問題を読んだり
黒板の字をノートに書き写すことにかなりの
時間と労力を要する」
「今教わったことや指示されたことをすぐに
忘れてしまう」
「周りに友達がいたり、教室がざわざわしていると
集中して取り組めない」
「長い時間姿勢を維持するのが難しく、
座っていることだけでも精一杯」
「耳からの理解が苦手なので、口頭だけで
伝えられると内容が抜けたり、わかりにくい」
など人によって様々な困り事があり、
それが勉強の苦手さにつながってしまいます。

こうした困り事がある子ども達も、自分に合った
環境だったり自分に合った学び方ができれば、
しっかりと力をつけていくことができるのです。
特性による苦手なことは省いたり、他のやり方で
代用できるようにする。
学習に集中できるように課題の量や内容、ペース配分
などを調整したり、周囲の環境調整をする。
というように、個々の特性にあった工夫でサポート
してあげれば、自分なりのやり方を見つけて
どんどん勉強に取り組めるようになる子もいます。

勉強面でも生活面でも、何かが良い方向に向かうと
他の部分にもそれが派生していき、全体として良い
循環が生まれるということもよくあります。
なので、その子が何が苦手で何が得意なのか、
どんなやり方が理解しやすいのかなどを正確に
見極めて対応し、また全体もよく見ながらその都度
ニーズに合ったサポートを提供できるように
心がけています。

やはり、子ども達にとって学習面でのつまづきや
遅れは精神的にも大きな負担になりやすく、
不登校などの原因にもなりやすいものです。
問題が大きくなる前に早期に気付き対処をして
いくことで、二次障害などの新たな問題も
しっかりと防いでいくことがとても重要です。

私たちの放課後等デイサービスの教室では
運動療育を主軸としていますが、学習サポートにも
力を入れています。
また、運動と勉強をうまく組み合わせることで
集中して勉強に取り組みやすい脳の状態を作る
ことができるので、そうした効果も考慮して
1人1人の療育カリキュラムを作成しています。

運動で体を鍛えるだけでなく、脳や心の発達も
促すことができるのが、私たちの運動プログラムの
魅力です。
子ども達を土台の部分からしっかりと育て、
着実に将来につながるように育んでいきたいと
思っています。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの
方は、ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る