最新情報・コラム

column

社会生活で必要になる力を療育で育て将来につなげます。 放課後等デイサービスのフランチャイズ 

私たちが社会の中で、多くの人と関わりながら
自分の役割を果たし、スムーズで豊かな生活を
送っていくためには様々な力が必要になります。

中でも、私たち人間は他の人と関わらずには
生きていけないので、「協調性」というものが
とても大事な力になってきます。
日本人は昔から、集団の中で浮いたり村八分にされる
ことを非常に怖がる傾向にあるので、少し前までの
協調性のイメージは「みんなの顔色を窺いながら、
自分の意見が周りと違っても、黙ってみんなに合わせる」
というものだったように思います。

しかし、今はそういう時代ではありません。
今は、1人1人がいろいろなところで自分をアピール
することができる時代です。
なので、しっかりと自分自身の考えや意見を持ちながら
主張すべきところでは主張し、時には引いたり
譲ったりしながら、うまく使い分けをしていくことが、
今の子ども達にはとても重要な力になります。

自分が持っている才能や身に付けた力を活かしながら、
夢に向かって一緒に歩んでいける仲間を見つけて
より豊かな人生が送れるように、子どものうちから
必要なスキルはしっかりと身に付けておくことが
大切です。

しかし、発達障害を持つ子ども達の中には、こうした
協調性や社会性といった力が身につきにくく、
幼い頃から友達や周囲の人とうまく人間関係が
築けなくて悩んでいるということがとても多くあります。
人間関係の構築に困難さがあると、社会生活の中の
あらゆる場面で支障をきたしやすいので、
自分が持っている力を発揮できないだけでなく
新たな力も身に付けにくかったり、
精神的な二次障害を患ってしまう可能性も高くなって
しまいます。

今子ども達が感じている「友達とうまく遊べない」
「学校で授業についていけない」
「感情がうまくコントロールできない」
「集中力が維持できない」
などの困り事を1つ1つ改善、軽減させていきながら、
それを将来にもつながる力にしていけるように
まずは「療育」が必要です。

私たちの放課後等デイサービスの教室では、
独自の運動療育プログラムを主軸として
学習サポートや言語トレーニング、SSTなど1人1人に
合わせた様々な活動を通して子ども達の支援サポートに
力を注いでいます。
運動療育は、上記のような困り事に対応しやすく、
体を動かしながら遊ぶことで少しずつ良い方向に
成長を促していくことが可能です。

また、早い段階で療育を始めることで改善もしやすく、
何より子ども達の不安やストレスを早く減らすことは
その後の二次障害の予防につながるので、
早期発見と早期療育の開始はとても重要です。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスのフランチャイズ教室の運営に
興味をお持ちの方は、ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る