最新情報・コラム

column

療育は特性との付き合い方を身に付ける為にも重要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害は生まれつきのもので、治るものでは
ありません。
基本的には、それぞれの持つ特性と
生涯に渡って付き合っていくことになります。
そのため、「自分がどんな特性を持っていて
どんな得手不得手があるのか」ということを、
自分自身がしっかりと把握しておくことが
とても大切です。

特性にはとても様々なものがありますが、
どれも小さいうちはほとんどの子が持ちあわせて
いる特徴でもあり、個性の範疇との見分けは
難しい場合も多くあります。
ですが、そうした特性にによって日常生活の中で
困り感を感じているのであれば、障害と言える
可能性も高く、療育の対象になってきます。

例えば、落ち着きがない多動性の特性が強い
タイプの子は、幼少期から家族や周囲の人から
怒られたり注意を受けることが多くなるなど、
ネガティブな体験を重ねてしまいがちです。
しかし、本人はその理由がわからずに悩み、
自信や自己肯定感を下げていってしまいます。
また、他人の気持ちや感情を推察・理解することが
難しいタイプの子は、悪気はないのに相手を
ひどく怒らせてしまったり、誤解を受けることが
多く、人間関係の悩みが絶えません。

こうした悩みを持つ人が、発達障害に関わる
検査を受けることで、「今までうまくできなかった
のは自分のせいではなく、こういう特性があるから
だったんだ」ということがわかったり、
「こういう特性があるからこれが苦手だけれど、
こっちのやり方にすればできる」というように
自分なりにカバーする方法を見つけられる
大きなきっかけになります。

ただ、自分の力だけで対処していくことは
難しいので、支援サポートを受けながら
困り事を減らしたり、少しずつスキルと自信を
つけていけるようにすることが大切です。

放課後等デイサービスは、そのために大きな
役割を担っています。
早い段階でその子の特性を理解した適切な
関わりをすることで子どもの心を安定させ、
自尊感情の低下や劣等感の強まりなどの問題を
予防しながら、持っている力を引き出し
伸ばしていけるように良い方向に療育を行って
いきます。

私たちの展開する放課後等デイサービスの教室
では、運動療育を主軸として、ソーシャルスキル
トレーニングやビジョントレーニング、
言語トレーニング、音楽療法、学習サポートなど
教室によって違いはありますが、様々な角度から
子ども達を支援・サポートしています。

そして、1人1人のニーズに合った療育を行う
ことで、今の困り事を早期に改善させていきながら
将来的な困り事の目を摘み、子ども達がしっかりと
自立した生活の中で輝いていけるように、
先を見据えたサポートをしていきたいと思います。
また、就労支援などにも力を入れ、継続的で
長期的な支援も行なっています。

私たちの教室は、全国にフランチャイズ展開して
います。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの
方は、ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る