最新情報・コラム

column

就学相談は学校生活のQOLにつながる重要な機会です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

子どもが保育園や幼稚園の年中・年長児になると、
小学校入学に向けて「友達と仲良く遊べる?」
「先生の指示がしっかり聞ける?」
「じっとしていられないけど授業をちゃんと
受けられる?」と心配事が出てくるものです。

また、同時に「就学相談」についても耳にする機会が
出てくると思います。
就学相談は、入学の前年の春から夏頃に行われる
地域が多く、ちょうど今頃がその時期になります。
子どもに障害があったり、発達が気になる場合に
申し込むことができるもので、子どもの就学先を
決めるための話し合いのことをいいます。

子ども達の就学先には、
「通常学級」「特別支援学級」「特別支援学校」と
いうようにいくつかの選択肢があり、
通常学級に在籍しながら、週に何回か通級指導教室に
通う「通級」制度もあります。
就学相談では、こうした選択肢の中からどこに通う
のが本人にとって過ごしやすく、安心して学習に
取り組みながら学校生活を送っていくことができるのか
本人と保護者、教育委員会で話し合って決めていく
ことになります。

発達障害があるからといって特別支援学級しか選択が
できないわけではなく、反対に発達障害の診断がない
から通常学級で大丈夫ということでもありません。
また、1度決めたら変えられないということも
ないので、その子がその時必要な支援を受けられるように
環境を整えてあげることがとても大切です。

特別支援学級は定員が8人という少人数学級で、
個別のやりとりがしやすく、自分に合ったペースで
いろいろな活動をすることが可能です。
定員40名の通常学級の中では見過ごされがちな
困り感などにも気付いてもらいやすく、
子ども達が安心して過ごせる教室環境になっています。

そこまで手厚い支援はなくても過ごせる場合は、
通級を利用する子が多いです。
通常の各教科の授業や給食などの時間は通常学級で
過ごし、週に何時間かを通級指導教室に移動して、
学習や生活面などでのそれぞれの困り事や課題に
合わせて個別に指導を受けます。

子ども達1人1人が一番過ごしやすいと思える環境の
中で伸び伸びと学校生活を送り、自分に合った活動と
サポートを受けて着実に力をつけ、
できなかったことができるようになったり、
新しいことにチャレンジしていく楽しさや経験を
より多く積んでいけたらと思います。

私たちも放課後等デイサービスで療育支援を行うことで
子ども達の育ちのサポートをしています。
やはり療育は、家庭と学校だけで行うよりも
放課後等デイサービスのような療育施設でより
専門的なアプローチによる支援を受けることで、
効果が上がる可能性が高まります。
なので、保護者の方や学校の先生ともしっかりと
連携を取りながら子ども達への支援サポートを
さらに充実させていけるよう活動していきたいと思います。

私たちの教室は全国にフランチャイズ展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は、
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る