最新情報・コラム

column

困り事は成長と共に変化し臨機応変な対応が不可欠です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害には
ASD(自閉スペクトラム症)
ADHD(注意欠如多動性障害)
LD(学習障害)
というように大きく分けて3つの種類があります。
これらは単独の場合もありますが、複数を併せ
持っているケースも多くあります。
そして、発達障害の診断はないものの特性を持つ
グレーゾーンと呼ばれる子ども達も多く、
彼らも支援を必要としています。

発達障害の特性や症状の現れ方はとても個人差が大きく、
乳児期・幼児期・学童期・思春期というように
年齢や生活環境などによっても変化していき、
その都度臨機応変に対応していくことが求められます。

乳児期では、あやしても笑わなかったり、抱っこを
嫌がったり、寝つきが悪いなどの特徴が見られますが、
まだ発達障害を疑うほどの特徴はあまり見られません。
幼児期では、目が合わない、言葉の遅れ、集団生活が
苦手で一人遊びが好き、じっとしていられなかったり
多動性が目立ち、すぐにいなくなってしまうなどの
特徴が際立ってきます。

小学校に入ってからも多動性や衝動性がある場合は
目立ち、感情コントロールも難しいことが多いです。
そして忘れ物や友達との約束を忘れるなどの
トラブルも起きてきます。
また、原因は様々ですが学習面の遅れや対人関係での
困り事も、学年が上がるにつれて増えていきます。

中学校生活では、校則、テスト、部活動、文化祭
などがあり、小学校までと比べて同年代の仲間で
集団行動をする機会が多くなります。
そして、他者との違いを意識しながら仲間からの
評価を気にする時期でもあるので、
発達障害を持つ子ども達は、劣等感を
抱きやすい傾向があります。
反抗期が重なっていたり、体調不良や二次障害にも
なりやすい時期なので、悩みや困り事にしっかりと
寄り添ってサポートしながら、得意なことに
目を向けて良い方向に進んでいけるよう、
丁寧な関わりが必要になります。

そして、やはり発達障害を持つ子どものサポートは
家庭と学校だけでは限界があることも多いので、
専門機関に相談をしたり様々なサポートをうまく
活用していくことが大事です。

私たちの教室では、専門の研修を受けた職員が
子ども達1人1人に合わせたカリキュラムで丁寧に
指導をしていきます。
また、言語のトレーニングや学習サポート、
SSTなども必要に応じて行い、その子に必要な力を
しっかりと見極め、着実に育てていけるように
療育支援を行っています。

私たちが放課後等デイサービスの教室で提供して
いる運動療育プログラムは、脳科学に基づいて
作られたプログラムで、様々なメディアでも紹介され、
全国の多くの教育委員会でも採用されているものです。
ぜひこのプログラムを用いた放課後等デイサービスの
フランチャイズ教室を始めてみませんか。

私たちの教室は全国に広く展開していますので、
教室運営に興味をお持ちの方は、ぜひ一度下記まで
ご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る