最新情報・コラム

column

コミュニケーションの困難は多く継続的な支援が必要です。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害を持つ子ども達の多くは、理由や背景、特性などは
違っても、コミュニケーションに関して何らかの特徴や
困難さが出やすくなります。
例えば、話しかけられても相手と目が合わなかったり、
言葉は発しても相手に伝えようという意思が伴っていない
ということもあります。
また、身振り手振りなどの表現や理解が苦手だったり、
言外の意味の理解や相手の表情、声のトーンなどから
相手の意図を推察することなども苦手な傾向にあります。

もし話すことが好きでも、話し方がワンパターンで一方的に
なりがちで、相手が嫌だと感じていたり話したいと思っていても
自分が話したいことだけを話し続けてしまうなど、
相手の反応に無頓着になってしまうことがあります。
また、同じことを何度も繰り返し聞いたり、率直過ぎる発言を
してしまうなど、様々な特性から「空気が読めない」と
言われてしまうような場面が成長と共に目立ってきます。

ただ、周囲からそれを指摘されたとしても、こうした言動は
脳機能の発達の偏りからくる特性なので、簡単に周囲が
望むように変わることは困難です。
そして、本人は何の悪気もなく、場合によっては精いっぱい
努力しているのにそれはわかってもらえず、周囲から批判的な
目で見られてしまうのはとても辛いことです。

どうしても周囲はその子に対して悪いところを批評したり、
彼らの視点に立った説明をすることなく
ただ改善のために必死にがんばらせてしまいがちです。
ですが、そうするとかえって逆効果になってしまうことが多く、
本人も何が問題なのかよくわからないままに
自信ばかりを失ってしまうことになります。
こうした特性を持つ子ども達には、その子の視点に立ち、
困り感を減らしていくために一緒に考え、寄り添いながら
問題を解決していくことが大切です。

また、そうした中で療育を効果的に、そして子どものストレスに
ならないように進めていくためには、1人1人の障害特性を正確に
把握することが最も大切で近道になります。
正確に理解していなければ、子どもに無理を強いてしまったり
間違った接し方をしてしまうことにつながり、
かえってマイナスになってしまうからです。

私たちの放課後等デイサービスの教室では、
子ども達1人1人の特性、性格、興味関心事、得意不得意など
正確に把握し、適切な関わりで効果的な療育活動を行なっていける
ように心がけています。
教室では、運動療育を中心に学習サポートやソーシャルスキル
トレーニングなど豊富な活動を提供し、子ども達の成長発達を
促していきます。

運動療育では、子ども達の体の発達を脳から促していくことに
特化した独自の運動プログラムを用いて、効果的な療育を
専門知識を有した職員が行い、定期的に勉強会や情報共有をして
今あるものをさらにブラッシュアップさせていきながら
より良いものを提供できるよう常に意識しています。

私たちの放課後等デイサービスの教室は全国にフランチャイズ
展開しています。
放課後等デイサービスの教室運営に興味をお持ちの方は、
ぜひ下記までご連絡・ご相談ください。

放課後等デイサービス FC加盟募集中。
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!


『放課後等デイサービス』のフランチャイズ経営に関する
ご相談をお待ちしております。

一覧へ戻る