自閉症スペクトラム障害の特徴が目立ち始めるのは3歳前後が多くなります。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2017-09-07

自閉症スペクトラム障害(ASD)の診断がつくのは、
だいたい3歳前後が多くなります。
1歳2歳の頃から子どもの行動になんとなく違和感を感じていた場合も、
3歳頃にはASDの特徴が目立つようになってきて、
診断名がついて安心した、という方もいます。

しかし、この頃は多動が目立つことが多いので目が離せず、
睡眠障害があったりパニックも頻繁だったりと、家族もとても大変な時期です。
周囲の支援とサポートが必要になります。

放課後等デイサービスは、療育手帳がなくても、市町村から発行される
受給者証があれば通うことができます。
発達障害の診断は受けていないけれど、支援を必要としている子ども達は
全国にたくさんいます。
そんな子ども達にも支援が行き渡ることが必要です。

発達障害特性は、日常生活に多くの困難さをもたらします。
脳機能障害のため、本人がいくら周りの人と同じやり方で努力しても
なかなか補えるものではないので、正しい理解と適切な支援が欠かせません。

私達の放課後等デイサービスでも様々な療育活動で子ども達を支援しています。
脳機能を向上させることが実証されている運動プログラムを用いた
運動療育を主軸として、1人1人の発達段階や特性に沿った活動で
能力アップを目指しています。

私達の教室は全国にフランチャイズ展開していますので、
フランチャイズでの教室運営に興味をお持ちの方は
ぜひ下記までご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.