発達障害は3歳頃に診断がつくことが多いようです。放課後等デイサービスのフランチャイズで支援をしましょう。

2016-01-05

発達障害の症状は1歳や2歳頃でも、特徴的な症状が見られることがあります。
しかし、まだ個人差が大きい時期なので、
はっきりと診断がつくのは3歳頃がほとんどのようです。
赤ちゃんでもなかなか目が合わなかったり、
抱っこを嫌がったりすることが続いたら、チェックが必要かもしれません。

発達障害は治療によって治るものではありません。
ひどい場合は薬を使うこともありますが、
症状が軽くても重くても、療育は必要なものです。
きちんとした療育を行うことで、投薬が中止できるかもしれません。

私たちの放課後等デイサービスのフランチャイズでも
脳機能を上げ、発達障害の症状を軽減できる運動療育プログラムを提供しています。
子どもたちの本来持っている力を最大限引き出してあげるために、
大きくなってから社会で孤立せずに生きていけるように、
効果的な療育を早期に受けることがとても大切です。

ぜひ一緒に子どもたちの支援をしていきましょう。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.