発達障害の人は様々なストレスやフラストレーションを常に抱えている状態なのです。 放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-10-21

発達障害の子ども達は、周囲の子が簡単にできることも困難なことが多く
多大な努力と労力を強いられていることが多いのです。
例えば、体の性質上長い時間姿勢を保っていることが難しいのに「姿勢が悪い」と注意される。
手先にうまく力を入れることが苦手で、鉛筆を持つだけでもものすごい労力を必要とする。
雑談が苦手なのでグループでの活動は不安と恐怖で硬直してしまう。
耳からの情報収集と処理は苦手なのに、言葉だけでたくさんの指示をされてしまう。
1日の予定を知らせてくれないので不安でたまらない。
といったような様々な不安や恐怖、ストレスを常に感じていて、
私たちには想像もできないようなことと毎日戦っているのです。

そんな状態を和らげるためには、やはり個々の特徴に合った療育が必要です。
姿勢を保つことが難しい子には体幹の筋力を身につけられるような指導をし、
耳からの情報収集が苦手なら、写真や絵カードなどで視覚から伝えられるようにし、
光や音が苦手なら環境調整をする、といったように個々への適切な対応をし、
不安や恐怖を取り除いてあげることがまずは大切です。

私たちも個々に合った対応をとても大事にして、放課後等デイサービスで療育を行っています。
教室に通ううちに、子ども達はかんしゃくやパニックを起こす回数が減ったり、
できなかったことがどんどんできるようになっています。

フランチャイズの教室を始めて、発達障害に悩む子ども達を一緒に支援していきませんか。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.