発達障害と前頭葉の働きは深く関係すると言われています。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-05-20

発達障害と前頭葉の働きには深い関係があると言われていて、
ADHDやアスペルガー症候群では脳の前頭前野の活性が弱いという特徴もあるようです。
前頭前野は、生きていくために必要な能力をたくさん司っています。
発達障害を持つ子ども達には、前頭前野を活性化させるような療育や支援が必要なのです。

子どものうちに適切な療育を受けることで発達障害の症状が軽減し、
大人になる頃には日常生活にほとんど支障がない程度まで改善する人も多くいます。
発達障害での症状は、本人にとって大きなストレスになります。
特に人間関係形成の困難さは精神的ダメージを与えるので、
そこから二次障害を併発してしまう例も少なくありません。

大事なことは周囲の理解と適切な療育です。
今は様々な療育施設がありますが、私たちの放課後等デイサービスの教室では、
前頭前野を活性化させ脳機能をあげることが学術的に証明されている
運動療育プログラムを提供して活動しています。
内容は簡単な運動遊びなので子ども達は楽しく行なうことができ、
遊びから学んだことは身に付きやすいので能力アップが見込めます。
子ども達の5年後10年後のために、日々活動しています。

教室はフランチャイズ展開しています。
教室を開きたい方はいつでもご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.