日々の日課をこなしていくことが難しいADHDの子を支援していきます。放課後等デイサービスのフランチャイズ

2016-05-30

ADHDの子どもにとって日々の日課を順調にこなしていくということは難しいことで、
それによって本人も両親もストレスを感じることが多くなります。
しかし、決して本人の努力不足や意図的にしていることではないので、
責めたり、ネガティブな発言は避けることが大切です。
本人は治したいと思っていて、どうしてもできないと苦しんでいるのに、
さらにそれを責めるような発言は、子どもの自己否定感につながってしまいます。
日々の日課をルーティン化することは、口で言うだけでは難しいので、
できたら一つご褒美シールを貼るというようにするのも1つの方法です。

ADHDは癖や性格ではなく、治療によって治るものではない生まれつきの
脳機能障害によるものです。
まずは本人と両親が、努力だけではどうしようもないものであることを理解し
上手につきあっていくことが大切になります。
そして、療育を取り入れて症状の改善や子どものストレスを減らすことを目指しましょう。

私たちの放課後等デイサービスでも発達障害を持つ子ども達に療育を提供しています。
主軸としているのは脳機能を上げる運動療育プログラムです。
他にも学習サポートなどを行なう総合教室で、子ども達を支援しています。

教室のフランチャイズを始めたい方はサポート致しますので、ご連絡ください。

Copyright(c) 2015 こどもプラスホールディングスのフランチャイズ All Rights Reserved.